「花は桜木 人は武士」

「桜」が咲き始めましたね~春の始まりに相応しい桜色が、里にも山にも桜色の雪洞 (ぼんぼり) が灯ったように、、桜ほど日本人に愛される花も珍しいですね~日本人の気質を言い表す言葉のひとつに「花は桜木 人は武士」散り際のよさを表し言い得ていますね、 同じく散り際のよさを「世の中は 三日 見ぬまの桜かな」とも言い、また、浅野匠守の辞世の句として有名な「風さそう 花よりもなお我はまた 春の名残をいかにとやせん」切腹に際しても桜の花びらに己の無念さを託し詠み、西行法師は「願わくば花の下にて春死なん その望月の如月の頃」と詠みました。満開の桜を愛で杯を酌み交わし、今際にも桜を詠む、しみじみ日本人でよかった!最後に、良寛の作で「散る桜 残る桜も 散る桜」我流の解釈ですが、貴賎、金満、貧乏、健康、病弱、問わず命あるものは必ず滅する~だから~散るまでは凛として美しい「桜」でありたい、、、
a0315942_00004044.jpg
a0315942_00004679.jpg
a0315942_00004910.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-02 00:01 | 草花

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)


by coachman