カナディアンワールド公園

昭和のバブルが絶頂期の頃、潤沢な資金(税金)を投入して、日本各地に相次いでテーマパークが造られましたね~芦別市では「赤毛のアン」をテーマにした「カナディアンワールド」もそのひとつで、1990年に52億円もの巨費を投じて建設されましたが、当初予定の集客が見込めず赤字続きで、2007年には自己破産の手続き開始決定を受けた時点で負債総額は約75億円に達したそうです。これほどの巨費を投入したからには、簡単に閉園する訳にもいかないのでしょうね~現在は無料の公園として冬季を除き開放しているそうですが、補修もままなら無い状態が続いているようです。日本では児童文学のジャンルのようですが、女々しくも、私が村岡花子訳の「赤毛のアン」を読んだのは随分と前のことでした、孤児ながら、前向きで明るく想像好きで、自己紹介には「e」の付く「Anne」ですと、しっかり自己主張できる、可愛いらしい、そばかす少女でしたね~マリラがいてマシューもレイチェルも生涯の友ダイアナもギルバートもいて、多くの善人とプリンスエドワード島の美しい自然が「Anne」を美しい娘へとを育てる物語ではありました。ただ、カナダやアメリカでベストセラーになって以来、次から次と続編が書かれましたが「アンの青春」までが、私の中では アン・シャリーでしょうか、、(アンファンに怒られそうです!) 現在のカナディアンワールド公園には物語の登場人物があらわれそうな「グリーンゲーブルス」や「輝く湖水」「おばけの森」「ダイアナの家」「リンド婦人の家」がありますが、メンテナンスが行き届かずこのままでは近い将来、廃墟となるやも知れません。作家「モンゴメリ」が書いた物語ではありますが、世界中の多くの「赤毛のアン」を読んだファンがプリンスエドワード島に詣でるように訪れるのは、アンの物語の世界に浸ることが、幼く純朴だった過去の自分へのオマージュなのかも知れませんね~~芦別の「カナディアンワールド公園」がこのまま朽ちてしまう事は悲しいことではありませんか、、、?
a0315942_22313835.jpg
a0315942_22314274.jpg
a0315942_22314549.jpg
a0315942_22314853.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-05-14 22:32 | 公園

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)


by coachman