北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

小樽運河公園

先月、小樽の軟石建築物を訪ねて行った先の小樽運河公園に、親子三人のブロンズ像があり銘板をよく読めば童謡「赤い靴」のモデル「きみ」ちゃんの家族像でした。数年前、函館でも同じような像を見た記憶があり、調べれば全国に七基もの像があるそうです。童謡「赤い靴」については、以前より各方面から様々な意見があるようですが、、それぞれの幼い心象風景のまま、若かった母や父の歌声が流れれば、、それでいいのでは、、以下はブロンズ像の銘板からの転記です、、


童謡「赤い靴」と小樽の街この歌のモデルとなった「きみ」ちゃんは、2歳の時に母「かよ」と共に静岡から函館に渡った。そこで母は鈴木志郎と出会い結婚するが、留寿都村へ入植の際、きみを外国人宣教師夫妻に預けた。その後きみは宣教師夫妻の帰国時に重い結核のため横浜から船で米国に渡れず、東京の孤児院に託され、わずか9歳でこの世を去った。1907年に志郎は札幌の「北鳴新報」に就職し、そこで野口雨情と出会い家族ぐるみの交流を深める。母は娘きみの話を打ち明け、それが雨情の詩となり本居長世が曲を付けて1922年童謡「赤い靴」が生まれた。札幌の後、志郎・雨情は「小樽日報社」で石川啄木と机を並べ親交をもつ。鈴木夫妻は各地を転職した後、1940年小樽のカトリック富岡教会の門前に居を構えきみの死を知らずその幸せを信じ、熱心なキリスト信者として暮らし、今は中央墓地で眠っている。私達は、世界中の苦しみを抱えた家族の幸せを願い、小樽市民をはじめ全国からの温かい募金によって、ゆかりのある小樽の地に「赤い靴・親子の像」を建てた。天国できみちゃんが幸せに暮らす姿を夢に描いて・・・ 
2007年11月23日 「赤い靴・親子の像」建設委員会
a0315942_00222325.jpg

a0315942_00222703.jpg

a0315942_00223124.jpg

a0315942_00223460.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2015-05-25 00:20 | 公園

by coachman