とんぼの話

昭和の三十年代、私が育った旭川の下町では、道の舗装はまだされていなかった。長い冬が終わり、強い春の陽差しに黒土の道や柾葺きの屋根から湯気が立ちのぼると、子どもには待望の外遊びの季節だ!男の子は釘差しや陣取り、女の子はゴムとび、おはじき、道が乾けば、描き石(かけし)で地面に円を書きケンケンパ、、季節が過ぎ、夏の午後夕立の後の水たまりには数え切れない つなぎとんぼが、、とんぼを撮りながらそんな事を思い出していた。

        「生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉」 (夏目漱石)

a0315942_22102388.jpg
a0315942_22101938.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2017-09-09 22:11 | 生物

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)


by coachman