北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

カテゴリ:路面電車( 2 )

市電豊平8丁目駅

先日、国道36号線を東に走っていると豊平の6丁目か7丁目付近で古るそうな軟石塀を見つけました。住宅街に挟まれた路地にそこだけ、時間がとまった空間がありましたね~以前に紹介した札幌軟石倉庫「宮越屋珈琲」豊平店の向かいあたりでした。古い地図など眺めていると、この付近は、豊平村~平岸村をつなぐ交通の要所で、「現宮越屋珈琲店」付近にあった豊平村役場から平岸方向に延びる道路が後の平岸街道の基点のようで、昭和36年に札幌市と合併し付近はさらに賑わっていたようです。昭和22年に交通局となった市電は昭和39年には線路の総延長、乗客数ともピークになり、一日当たりの乗降客数が27万人を超え、保有車両数も154両となり線路も豊平橋を越え「豊平8丁目駅」まで延びていたようです。定山渓鉄道の駅にも近く、明治35年に三村の合併 (豊平・平岸・月寒) 以降、将来の発展が約束された地域だったようですね~今日の画像の詳細はまったく不明ですが、札幌軟石の積み方などをみると、どうも倉庫などを解体した残材で塀を作ったような仕事のように感じました。
a0315942_23225590.jpg
a0315942_23225951.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-03-16 23:23 | 路面電車

札幌路面電車  2013/12/1

路面電車が現在も走っている街は東京、大阪を含め21都市にあるようですね、北海道にも札幌、函館とあり、札幌では最近新型車両(A2100型)を導入さらに軌道を延長するとの計画もありますね、何事もスピードが優先される時代に新しく駅前通り電車軌道を新設されるそうで、なんか人間性の復古、回帰が感じられ大歓迎です。明治42年に建築用石材として需要が急増した「札幌石山軟石」を運ぶための馬車鉄道がその起源で、最盛期には札幌市内総延長25kmほど軌道が敷設されていましたが、利用客の減少や一般車両の増加で軌道の撤去が叫ばれ路線を縮小、現在では8.41キロが残されています。新型車両(A2100型)もいいですが、レトロな車体も捨てがたいですね、、 南22条通りを西方向に
a0315942_20263961.jpg
電車車庫入り口にありました、手動切り替え器です
a0315942_20284455.jpg
近年、車体に広告が書かれたものをよく目にします。
a0315942_20321584.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
by flycoachman | 2013-12-01 20:34 | 路面電車

by coachman