北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

カテゴリ:名物( 1 )

野幌 煉化もち

煉瓦建築を尋ね歩き、江別市野幌にやって来ました。度々紹介していますが、江別市野幌は日本有数の煉瓦の産地で全国シェアは20%を超えるほどです。江別の煉瓦製造は、明治23年に現在の江別市東光町にできた 江別太煉瓦石工場が始まりとされています。最盛期には野幌駅を挟んで両側に二十近い工場があったそうで、道庁の赤煉瓦や開拓使麦酒醸造所にも使われました。今日の画像は煉瓦ではなく野幌名物の「煉化もち」です。菓子舗「れんがどう」は創業が明治34年で、113年の歴史を誇る老舗です、 漂泊の歌人石川啄木が明治40年、函館、札幌、小樽と教員や新聞編集者として活躍し、釧路へ赴任する胸中を後に書いた「雪中行」と言う短編があります、文中に 「汽笛が鳴つて汽車はまた動き出した。札幌より彼方むかうは自分の未だ嘗て足を入れた事のない所である。白石厚別を過ぎて次は野幌、睡眠不足で何かしら疲労を覚えて居る身は、名物の煉瓦餅を買ふ気にもなれぬ。江別も過ぎた。幌向も過ぎた。上幌向の停車場の大時計は、午後の三時十六分を示して居た。」 と書いています、この時の啄木の心境たるや、貧困のなかに妻子を小樽に残し職を求め釧路に向かう真冬の汽車の中の事で、名物の煉化もちを食する余裕さえ無かったのかもしれません。そんな訳で、啄木が食べ損ねた「煉化もち」を買って来ました。素朴な味で濃い緑茶にとても良くあいました。「れんがどう」のHPです
a0315942_23194708.jpg
a0315942_23194413.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
by flycoachman | 2014-03-06 23:22 | 名物

by coachman