北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

カテゴリ:自作品( 5 )

インターバル撮影や星景写真の練習用にと、二階ベランダに「雲台ベース」を自作し取り付けました。星景写真を撮るためにライブビュー画面でのピント合わせの練習をするも、毎回三脚をセット、これが面倒で(笑)いっそう造ってしまえと、近くのホームセンターで部品を購入すべて揃って合計金額「648円」思っていたより安く仕上がりました。雲台用のインチねじも含んでこの価格、年金生活者にはありがたい。雲台ベース完成画像と昨日の札幌の空をインターバル撮影で撮ってYou TubeにUPしてみました。
a0315942_21474453.jpg
a0315942_21473998.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-10-14 21:51 | 自作品
自作レンズヒーターの最終回です。視覚的にわかり易いように画像に文字を入れ解説しています。一枚目はヒーター部の断面を画で書いてみました。
a0315942_22184595.png
a0315942_22185007.jpg
a0315942_22185401.jpg
a0315942_22185868.jpg
a0315942_22190082.jpg
a0315942_22190269.jpg
a0315942_22190543.jpg
完成後の極寒でのテストは季節的にまだ出来ませんが、自宅ベランダで夜間、3時間近く2台のカメラでヒーターテストを行い温度が上がっていることを確認、その後バッテリーを充電すると、4時間ほどかかりました。バッテリーの消費量を数値で表す法を知りませんので、かなりアバウトな計測ですが一晩中使っても支障ないのではと希望的観測でした。

バッテリーはシールドタイプですから充電器もシールドバッテリー用が必要となります。充電器の価格も様々でどれが良いのか判断できませんが、私が、持っているのはオートバイ用に30年も前に購入したものです、オープン、シールドの切り替えが出来る物で、箱に定価16800円と書いてありましたが、今ならまだまだ安価なものがアマゾンなどに沢山あります。自作される方はくれぐれも自己責任をお忘れなく~


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-09-17 22:20 | 自作品
二台用カメラレンズヒーターの制作過程です。不確かな知識と僅かな資金(笑)と知人の電気屋さんのアドバイスをもらいながら作りました。参考にされる方はくれぐれも自己責任でお願いします。今日はバッテリーとUSBケーブルの配線関係です。

↓ オートバイ用12ボルトのバッテリーです。過電流防止のためプラス側に5Aのヒューズを取り付けました。
a0315942_22251409.jpg
↓以前から持っていた4連ソケットです。このソケットには各ソケットごとにオン、オフのスイッチユニットとシガーライターの差し込みが付いていましたが、不要なのでカットして線を直結しています。バッテリーには両面テープで貼り付けています。
a0315942_22251790.jpg
   ↓ USB2.0ケーブルの加工です。赤、黒の線にニクロム線を繋ぎます。
a0315942_22252753.jpg
     ↓ USB端子、不要の部分をカット
a0315942_22253436.jpg
a0315942_22252438.jpg
明日は、その4ヒーター部の制作です。 
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-09-16 22:45 | 自作品
レンズヒーター自作の二回目です。今日はレンズヒーターを2個分制作の材料、工具などの紹介です。

◎ 12V シールドバッテリー(10HR 6A)送料込み約  2000円
◎ 12V用10アンペアガラス管ヒューズ ソケット込  150円
◎ ニクロム線 ELPA 5.0m 径 0.26mm     196円
◎ 超強力両面テープ耐熱用 19mm×1.5m     669円
◎ 熱収縮チューブ  ダイソー          108円
◎ ベルクロテープ  50mm×1.0m(一個なら半分) 500円
◎ 携帯充電用USBソケット ダイソー 2個     216円   

合計金額 3839円
  
◎ USBケーブル 1mほど2本    (持っていたので無料)
◎ アルミテープ          (持っていたので無料)
◎ 12V用 4連装ソケット     (持っていたので無料)
◎ 絶縁ビニールテープ       (持っていたので無料)
◎ シールドバッテリー用充電器   (持っていたので無料)

以下は工具類です。無くても制作可能ですが、あると便利で作業が進みます。
◎ テスター ◎ ハンダ及びハンダこて ◎ 圧着工具 クリンピングプライヤー
◎ ドライバー ◎ ドライヤー(ライターで可) 
a0315942_22152401.jpg
a0315942_22152703.jpg
a0315942_22154673.jpg
a0315942_22155260.jpg
明日はその3です。 
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-09-15 22:16 | 自作品
年甲斐もなく?星の撮影に魅せられ、あれこれ調べると、これから星が最も輝きを増す季節には「レンズヒーター」が必要と知り、アマゾンなどで検索すれば、約2千円~1万円以上と価格も性能も様々有るようで、しかし自分が欲している物は見つからず、ならば自作してしまえ!(笑) さらにWEBを検索すれば「レンズヒーター自作」のサイトが数多くある事を知り参考にさせていただきながら、自作しました。

自作のコンセプトは「安価であること」「同時に2台のレンズに使用できること」「長時間使用可能な事」「ランニングコストが安いこと」などですが、なんせ電気の基本「フレミングの法則」などは50年以上も以前に中学の授業で居眠りしながら聞いた (習ったではない) だけで、電気の知識は皆無に近い爺が自作したもので、そのあたりを十分ご理解いただき、模倣されるのであれば、くれぐれも「自己責任」であることをを自覚していただきたい。完成品の概要は、オートバイ用 12Vバッテリーに車のシガーソケット用のアクセサリーソケットをセット、携帯充電用のUSB変換ソケット USBケーブルでヒーター部を接続、、、続きは明日

   ↓画像はレンズヒーター完成したものです。

a0315942_22304037.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-09-14 22:33 | 自作品

by coachman