北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

<   2014年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

菜の花 厚別区山本

北海道新聞の朝刊に「厚別区山本処理場」で菜の花が満開との記事がありましたので、もうそんな季節か!と思いながら今年も行って来ました。昨年よりやや広い範囲に咲いていましたね~札幌市の埋め立て処理場ですから市職員が菜の花の説明や、ゴミの減量に関する展示物などがあり、市民へのゴミや廃棄物の削減のための啓蒙活動の一環でした。私たちもしっかりレクチャーを受けて来ましたよ。菜の花と言えば滝川が有名ですが、最近では札幌近郊の休耕田などでも随分みられるようになりましたね、一面の黄色い菜の花畑~癒されますね~与謝蕪村の作で俳句「菜の花や 月は東に日は西に」 や 童謡の「朧月夜」にも 菜の花と月の組み合わせがありますね、季節や節句を愛で詠み、、歌い、、これほど豊かな感性を持った国民性、「日本っていいな~」 久しぶりに音楽の挿入です「朧月夜」 (YouTube)
a0315942_23060326.jpg
a0315942_23060561.jpg
a0315942_23060884.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-31 23:06 | 草花

名残りの「春!」八重桜

先日、平岡樹芸センターを訪れました、今年二度目の訪問です。今の季節の八重桜並木と秋のノムラモミジの並木は見応えがありますね~少し遅かったかな~と思いましたが、そよぐ風にハラハラと花びらが散って、「和」の風景、日本画を見るような、、、織田信長に仕えた武将に「蒲生 氏郷」がいます、戦国武将と言えば気が荒く血の気の多い印象ですが、氏郷は鎌倉時代からの名門で、キリシタン大名、さらに 千利休の高弟で「利休七哲」の筆頭に挙げられるほどの風流人でもありました。戦国武将の辞世の句は秀歌が多いですね~散る桜を眺め氏郷が詠んだのは「限りあれば 吹かねど花は 散るものを 心短き 春の山風」 秀歌です!!
a0315942_22515689.jpg
a0315942_22520047.jpg
a0315942_22520387.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-30 22:52 | 公園

畑の中でも「春!」

つい先頃まで雪に埋まっていた丘でも耕作が始まりましたね~力強いトラクターが美瑛の丘の眠りを醒ませます~北海道の青い空と大地を詠む歌人、道新歌壇の選者「時田則雄」氏の歌に 「機械油の染みし軍手が日毎増え春がだんだん膨らんでくる」 農民の視点から春の喜びを詠んだ素晴らしい歌を思い起こしました。
a0315942_23001712.jpg
a0315942_23002657.jpg
a0315942_23003087.jpg
a0315942_23003500.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-29 23:01 | 風景写真

牧場にも「春!」

旭川空港の近く、上川郡東神楽町東2線16号97番地に、酪農場 田村ファームが経営する「Clover」という、人気の手造りアイスクリーム専門店があります。乳牛から絞りたての新鮮な牛乳で作るアイスクリーム、これほど美味しいアイスクリームはめったにありませんね~お奨めです。「Clover」のHPからの転載です。「小高い丘に建つ手作りアイスクリーム専門店です。牛乳の本当のおいしさを多くの人に味わってもらいたい。その想いで新鮮な素材を使ってアイスクリームを作っています。」店舗の裏が放牧場になっており、乳牛が草を食む牧歌的な風景の中、彼方には大雪山連峰、北海道を象徴するような風景ですね~
a0315942_23163219.jpg
a0315942_23163749.jpg
「Clover」から車で10分も走ると、就実の丘です~緑肥となるキガラシの黄色が「春」を感じさせてくれます
a0315942_23164125.jpg
a0315942_23164512.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-28 23:20 | 大雪山連峰

水田の中も「春!」

今の季節の北海道は、日々風景が変化していきますね~旭川市内からの水田風景です。これから農作業も本格化して、ファインダーを覗く頻度が増えそうです。
a0315942_22314408.jpg
a0315942_22314953.jpg
a0315942_22315253.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-27 22:32 | 大雪山連峰

就実の丘から「春!」

先日、旭川市へ行く途中で「就実の丘」に寄ってみました。大雪山連峰は雪渓の合い間に山肌が見えてきて連峰の陰影が出てきましたね~真冬の白一色の大雪山連峰もいいですが、今の季節のコントラストも捨てがたい!今年二度目の就実の丘でした。 (画像クリックで拡大します)
a0315942_22351347.jpg
a0315942_22351946.jpg
a0315942_22352339.jpg
画像は東神楽橋の中央付近から、、、お気に入りの撮影ポイントです。
a0315942_22352712.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-26 22:44 | 大雪山連峰

四国 残影 2

四国の画像もそろそろ尽きてきました、最終回!として「坂本龍馬」と「中岡慎太郎」の銅像は外せませんね~ 龍馬像は全くの逆光でシルェットでしか写せませんでした、なんせ台座を含め13.3メートルの日本一の大きさですからフラッシュも届かず、ご覧のありさまでした。慶応3年11月15日 京都河原町 近江屋において、坂本龍馬、中岡慎太郎が京都見廻組の佐々木只三郎等の襲撃を受けたとされ、龍馬は即死、中岡慎太郎は二日後に亡くなっていますね~この時代の土佐藩は幕末の四賢侯の一人である、領主「山内容堂」の開明的な思想を受けたのでしょう、明治維新にいたる多くの人材を輩出しています、「坂本龍馬」と「中岡慎太郎」多くの書籍になっています、幕末から維新を知るには欠かせない二人ですね~ 桂浜の龍馬像です 昭和3年建立
a0315942_23020660.jpg
室戸岬の「中岡慎太郎」像です。同じ土佐藩の板垣退助 などは「世間で名高くなっている坂本龍馬よりは、ある面で優れていたかと私は思っている。中岡慎太郎という男は立派に西郷、木戸と肩を並べて参議になるだけの人格を備えていた」と中岡慎太郎を高く評価しています。「坂本龍馬」と「中岡慎太郎」の銅像の視線が太平洋の一点で交わっているそうです、なんか、ロマンですね~
a0315942_23084847.jpg
四国と言えば讃岐の金比羅さん~過去二度登っていますので、奥の院までの1368段は今回は遠慮しました(笑) 画像は、参道の石段に並ぶ、みやげ物屋です。
a0315942_23125704.jpg
最後は、大鳴門橋です、本州と淡路島を結ぶ上下二段式の吊橋で将来的には下段に四国新幹線が走る予定だそうです。
a0315942_23130079.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-25 23:19 | 旅行

四国 残影

四国を五日ほど周ってシャッターを押したのが千回以上でしたが、帰宅後PCに取り込んで見ると相変わらず上達していませんね (笑) 今夜はゴミ箱に入れようか迷った画像を並べてみました~松山市内を走っている「坊ちゃん列車」です、伊予鉄道の電車路線をSLで走っていましたが、現在は煙による公害が叫ばれ、ジーゼル機関で走行しています。
a0315942_22502188.jpg
木蝋と白壁の町 内子地区です。重要伝統的構造物群保存地区として多くの観光客を集めています。江戸の昔から街道筋にあたり木蝋が産業として栄えていました。
a0315942_22563698.jpg
内子地区では中学校の塀も白壁、瓦葺きです
a0315942_22563944.jpg
足摺岬にいたる海岸沿いに遊歩道があり、早起きして散歩がてら偶然、素晴らしい景色を見つけました。
a0315942_23092041.jpg
四国霊場八十八ヶ所の一つ、三十八番霊場「金剛福寺」です、本堂の裏に無数の仏像が、、
a0315942_23095206.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-24 23:18 | 旅行

伊予の国

愛媛県松山市は俳句の町として著名ですね、そのはずで、百年以上の歴史ある俳誌「ホトトギス」の発刊の地であり、俳誌ホトトギスを創刊した 柳原 極堂や高浜 虚子、正岡子規 の出生の地でもあり 松山中学に英語教師として赴任した、夏目漱石も「我輩は猫である」「坊ちゃん」を ホトトギス に発表しています。松山市は現在も俳句甲子園を行うなどして俳句の普及に力をいれていますね~今日の画像ですが、漱石が松山時代を書いた「坊ちゃん」の作中に出てくる「道後温泉本館」です、愛称が「坊ちゃん湯」でいわゆる銭湯ですが、湯船にもグレードがあり入浴料に段階があるのが、昔の銭湯らしいですね~日本で唯一皇族専用の風呂もあるそうです。最後の画像は、室戸岬の野生の小猿でした~北海道では絶対お目にかかれないですね~
a0315942_23324677.jpg
a0315942_23325172.jpg
a0315942_23325581.jpg

[PR]
by flycoachman | 2014-05-22 23:33 | 旅行

讃岐の国

讃岐の国と言えば、CMでも盛んに「うどん県」をPRしているように讃岐うどんが名物ですね~近年、北海道でも讃岐うどんのチェーン店をよく目にします。今回の四国旅行でも何度か食べましたが、本場は美味い!です。もう一つ、讃岐の国を代表する名所が「こんぴらさん」 と親しまれている「金刀比羅宮」 がありますね~名物の石段は本宮まで785段あり、過去2回は上りましたが 今回はパスしました(笑) 「こんぴらさん」と言えば広沢虎造の浪曲「石松金毘羅代参」を思い出すのは歳のせいでしょうか、、昭和の中頃、庶民の娯楽の一つに浪曲がありましたね~酔った親父が「旅~ゆけば~、、」と唸っていたのを聞き憶えておりました。今日の画像は高松市にある名園「栗林公園」 (りつりん) です、日本三大名園 (偕楽園 兼六園 後楽園) を凌ぐと記載された文書もあるとか、、特に黒松の枝振りが素晴らしいですね、盆栽をそのまま大きくして配置したような、回遊式日本庭園で北海道では観る事ができない歴史の重みを感じさせてくれる公園です。
a0315942_23373522.jpg
a0315942_23390683.jpg
a0315942_23391913.jpg
a0315942_23372097.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-05-21 23:40 | 旅行

by coachman