北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

三丁目に夕日が沈んで

昨日の公園の遊具つながりで、近所の公園から夕焼けを撮ってみました。「三丁目の夕日」と同じ環境で育った昭和30年代、隣の家は原作の「鈴木オート」と同じような車が一台しか入れない修理工場でした、、夕日を見るとなんとなくセンチメンタルな心持がしますね、、「落日」「落陽」など人生の終りを連想するせいでしょうか、、好きな作家の一人に アーネスト・ヘミングウェイ がいます、夕日をみてセンチになると、小説「日はまた昇る」や「朝の来ない夜はない」などの言葉を思い浮かべます、、
a0315942_23553608.jpg
a0315942_23553905.jpg
a0315942_23554146.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-30 23:56 | 公園

公園の遊具

毎日のようにカメラを持って公園へ散歩に行っています、特に被写体を決めているわけではないので、レンズはその日の気分で選んでいますが、単焦点やマクロを装着した、そんな時に限って「アカゲラ」や「カワセミ」などを見っける事が多いんですね~(笑) 普段は18-105mmの万能レンズを使用しています、そんなレンズのせいか、最近良く撮っているのは公園の遊具です。いまどきの遊具は、カラフルで様々な工夫がなされ、子供たちが安全に楽しく遊べるように出来ていますね~また古い話ですが、昭和30年代の公園にあった遊具は、鉄棒、ブランコ、シーソー、そのくらいしか思い浮かびませんね~小学校の校庭にはジャングルジム、うんてい、などがあったような、、小学校低学年の頃でした、鉄棒の逆上がりが出来なくて、、何度も、何度も練習していた夕暮れの公園で、気が付けば友人たちは皆帰り、高い建物が無かった西の空には茜雲が、、西岸良平の「三丁目の夕日」の世界がありました、、、
a0315942_00121711.jpg
a0315942_00121063.jpg
a0315942_00120771.jpg
a0315942_00121427.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-30 00:13 | 公園

薔薇の香り

札幌中心部に出かける際の途中の寄り道に豊平公園があります、四季折々に楽しませてくれる公園で、カメラを持って散歩がてら草花を撮っている人が多いですね~アジサイは咲いたかな?と思い行ってみましたが、まだ早かったようで~今の季節は薔薇が盛りでした様々な種類の薔薇が色と香りを振りまいていました。薔薇の花言葉は多いですね、、花色、形で多くの言葉がありますが大人の恋を連想させるものが沢山ありますね。明治の俳人「富安 風生」は情熱の真紅の薔薇との対比を詠んだのでしょうか「少女らは薔薇も素通り楽しさう」薔薇を愛でるより友と過ごす楽しいひと時、、少女とは蕾を指すのでしょうか、、読解力が不足です(笑)
a0315942_23000302.jpg
a0315942_23000683.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-28 23:00 | 草花

廃屋

以前、渓流釣りに夢中だったころ、山奥の林道が尽きるような所にある廃屋をいくつも目にしていました。傍を通るたびに写真に残したいと何時も思っていましたが、渓流のせせらぎの音に急かされて、ロッドのガイドにラインを通しリーダーにフライを結んでいる私でした。過疎化や後継者難が離農を増やし、北海道中に廃屋が増えていますね~時代を重ね朽ちていく廃屋~割れたガラス窓や剥がれた土壁が生活の痕跡をも朽ちさせてしまうようで、、、、
a0315942_23333820.jpg
a0315942_23334335.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-27 23:34 | 古い建物

マーガレット

「マーガレット」の白い花が目立ってきましたね~和名が木春菊であることから、在来種と思っていたらカナリア諸島原産の外来種で明治の末に伝わっていました。少女雑誌のマーガレットや、アメリカの作家、マーガレット・ミッチェル、イギリス元首相 マーガレット・サッチャーなど古くからマーガレットの名前は馴染んでいますね~花言葉の一つに「恋を占う」恋を占うためにあるような造形です、、、
a0315942_23262792.jpg
a0315942_23263218.jpg
a0315942_23263563.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-26 23:27 | 草花
昨日の平岡公園湿地で見かけた「エゾイトトンボ」です。細く繊細な体躯に鮮やかな装飾をまとって、気品を感じますね~「赤とんぼ」が庶民なら「エゾイトトンボ」は華族のご子息、ご令嬢って感じかかな~毎度、昔の話ばかりで恐縮すが、私の子供時代 (旭川市) の道路は、街なかの本通りは舗装でしたが、仲通り、横通りは未舗装で夏には埃が舞うので散水車が走っていましたね~その散水車が走って行った後の道路の水溜りにも、当時、ツナギトンボが群れで来て産卵していました~ね、、、「行く水におのが影追ふ蜻蛉かな 」千代女
a0315942_23504486.jpg
a0315942_23504050.jpg
a0315942_23504713.jpg
a0315942_23505025.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-25 23:51 | 生物

平岡公園 「サギスゲ」

清田区に梅林で有名な「平岡公園」がありますね~私の散歩コースでもあります。梅の花が終ってしまうと、梅見の人も散ってしまい、野鳥がさえずる静かな公園に戻ります~その公園の東側に湿地帯があり、湿地を好む動植物が生息している様子を木道から楽しむことができます。この湿地帯は人工のもので大昔の石狩平野の湿地帯の植生を再現する試みが行われています~その湿地帯で「サギスゲ」が風にそよいでいました~名前の由来は花穂が白鷺に似ていることから来たそうです。尾瀬などで有名な「ワタスゲ」に似ていますが、「サギスゲ」は茎に複数の綿穂を付けることで区別できるそうです~外来植物が目立つ昨今ですが、、太古の昔から連綿と続く在来種が風にそよぐ様をみていると、時間をこえて風が吹いているようで、、、、
a0315942_23150629.jpg
a0315942_23151839.jpg
a0315942_23151084.jpg
a0315942_23151597.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-24 23:16 | 草花
22日の日曜日、大通り公園で第100回目を迎える北海道大学VS小樽商科大学の応援団の対面式があり、楽しんで見てきました。これまで数回、通りがかりに短時間見たことはありましたが、今回は100回目の節目とあって最初から最後まで楽しませてもらいました。両校の対面式は明治45年頃に始まったとされ、途中戦争や、団員不足などで中止になった事もあったようですね。応援団による力強い演舞の披露や挑戦状・応戦状の読み上げも面白く、OB OG からのヤジの応酬も笑えましね~その昔、大学生が「学士さん」と尊称をもって呼ばれた時代、バンカラなれど青雲の志をもち放歌高吟すれど、凌雲の志はいささかも衰えることなく、、対面式を見ていて昭和を懐かしんでいる私でした、、、
a0315942_23402993.jpg
a0315942_23404724.jpg
a0315942_23405384.jpg
a0315942_23405050.jpg
a0315942_23414570.jpg
a0315942_23414959.jpg
a0315942_23415364.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-23 23:43 | 祭り

エドウィン・ダン 2

今夜は「エドウィン・ダン」の晩年までをたどります、明治6年、来日当初は東京官園で農業や牧畜指導にあたります、2年後、函館七重官園に勤務、ここで津軽から来た津軽藩士の娘、松田つるを見初めて結婚、翌、明治9年同伴で札幌官園に着任します。エドウィン・ダンが生涯を日本で暮らした理由として「松田つる」と出逢った事が大きいようですね、、江戸の昔からも、アメリカ海軍士官ピンカートンと「蝶々婦人」フォン・シーボルトの妻は「楠本瀧」タウンゼント・ハリス領事には「お吉」さらに、ラフカディオ・ハーンの妻は「小泉節」江戸から明治にかけて外国人に嫁いだ (嫁がされた) 女性は現地妻の意味合いが強いようでしたが、エドウィン・ダンに嫁した「つる」は誇り高い士族の娘で「エドウィン・ダン記念館」に残されていた写真を拝見しましたが、凛として淑女然とした女性でした。明治9年から15年まで北海道の開拓の指導にあたり、開拓使との契約が切れたのを契機に長女「ヘレン」を連れ故郷オハイオ州に戻ります。明治17年、駐日米国公使館の書記官を命じられ来日するも、4年後の明治21年「つる」夫人は28歳で亡くなります、、その後、駐日参事官、公使、明治の30年には米国の政変で辞任し、新潟県でスタンダード石油会社の支配人、大正元年には三菱造船に勤務、昭和6年5月、東京代々木の自宅で永眠 (享年82歳)  明治16年 勲五等双光旭日章 明治政府のお雇い外国人は沢山いますが「ダン」のように死してなを、異国日本の地に眠りについた人はいないと思います~自分が指導にあたった未開の北海道の行く末を見届けたかったのかもしれません、、、、エドウィン・ダン記念館を退館後、改めて写真を撮っていると不思議な事に気が付きました、開拓史が造った建物にはシンボルマークの赤い「五稜星」が付いています、時計台、豊平館、精華亭、札幌麦酒醸造所 (サッポロビール) 北大植物園などです、「五稜星」が無いので気になりもう一度館内にもどり係りの方に伺うと、現在地に移転した時から付いていなかったそうです~ 北海道にしっかりとした足跡を残した「エドウィン・ダン」 真駒内の記念館で明治へと誘ってくれるようです~
a0315942_23582009.jpg
a0315942_23582813.jpg
a0315942_23583186.jpg
a0315942_23582429.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-22 23:59 | 古い建物

エドウィン・ダン

明治9年、エドウィン・ダンの指導で造られた真駒内牧牛場の事務所の一部が、昭和39年「エドウィン・ダン記念館」として現在地に移築されました。同時にエドウィン・ダンの銅像が建てられ、それまでの真駒内中央公園が昭和41年に「エドウィン・ダン記念公園」と改名されましたね~この地は牧牛場の第1号牧舎を建てたゆかりの深い場所で昨日UPした北海道で初めての用水路もこの公園内を流れています。エドウィン・ダンはマイアミ大学を卒業後、父の経営する牧場で牧畜全般の経験を積み、さらに叔父の牧場で競走馬と肉牛の育成法を学んだ後、農業、酪農指導者として24歳で来日、アメリカから14台の貨車を用いて92頭の牛、100頭の羊、農耕具を日本へ輸送した、とされております。その功績は原生林であった北海道を現在へと導いた「北海道開拓の父」だったのですね~明治のはじめ、24歳の若さで北海道の農業、酪農の指導者となり原生林を切り開く、アメリカ人のフロンテァスピリッツの熱い血が北海道で騒ぎます~明日は「エドウィン・ダン記念館」です。

     エドウィン・ダン記念公園を流れる用水路 現在も真駒内の町の中を流れています
a0315942_23140886.jpg
         高い樹木の下のエドウィン・ダン像 開拓当時がイメージされますね
a0315942_23140357.jpg
          子羊を肩に乗せ放牧場に赴く~そんな印象の銅像ですね
a0315942_23133612.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-06-21 23:21 | 公園

by coachman