北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

<   2014年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

東海大学のラベンダー

ラベンダーで全国的に有名なのが、富良野「ファーム富田」ですね~私も数度訪れたことがあり、爽やかな香りに包まれ感激したのをよく覚えています。富良野で香料の原料としてラベンダーが栽培されたのが昭和28年頃とされていますが、北海道で初めてラベンダーの栽培が行われたのは、昭和12年に札幌南ノ沢でフランスより種子を輸入した「曽田香料」が最初とされています。札幌南ノ沢のある東海大学札幌キヤンパスではラベンダー発祥の地である縁からキャンパス内に2002年度よりラベンダーを植え市民に開放しています。10日ほど前に初めて訪れましたが、南ノ沢の斜面をラベンダー色に染めて今が盛りとばかりの芳香を放っていました~このロケーションの中で勉学にいそしむ学生は幸せですね~
a0315942_22152655.jpg
a0315942_22152412.jpg
a0315942_22152129.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-31 22:16 | 草花

菜の花とモンシロ蝶

近所の公園の花畑で季節はずれの菜の花が(キガラシではないと思うのですが)満開です~黄色い花の香りに誘われてモンシロ蝶の大群がが舞っていました。一面の黄色に白い蝶の群舞、珍しい光景にシャッターを押す手に力が入りなかなか上手く撮れませんね~幼い頃、誰しも耳になじんだ童謡「ちょうちょ」があります。歌詞を書くと「ちょうちょ ちょうちょ 菜の葉にとまれ 菜の葉に飽いたら 桜にとまれ 桜の花の 花から花へ とまれよ あそべよ あそべよ よまれ」 今日公園で撮った光景は、まさにこの歌の情景そのままでした~歌詞をよく読むと「ちょうちょ ちょうちょ 菜の葉にとまれ」ですね、とまったのは「菜の花」ではなく「菜の葉」なんですね~菜の葉に産卵していたのです~菜の葉の裏に産み付けられた卵は一週間ほどで孵化しやがて「アオムシ」となります、そのアオムシの生育に欠かせないのが菜の葉なんですね~ 幼いころ、菜の花の炒め物やオシタシなどよく食べた記憶があります~蝶に成りそこねました!(笑)
a0315942_22330898.jpg
a0315942_22331108.jpg
a0315942_22331425.jpg
a0315942_22331705.jpg
a0315942_22332021.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-30 22:34 | 草花
暑いですね~首に掛けた重たいカメラとペットボトルを持っての散歩も、辛くなってきました(笑) 今月の初め頃の美瑛です、美瑛の丘から爽やかな風を感じてください、、じやがいもの品種、花にも様々な色がありますね、北海道農政部の資料ですと、北海道優良品種と呼ばれる種「男爵」「メークイン」などが約40種類 地域在来品種が「レッドムーン」「インカのめざめ」など約20種類、それぞれに一般販売生食用、加工用、でん粉用など土地や季節にあわせて用途別に栽培されています。原産地は南米アンデス山脈、高地や低温、痩せ地でもよく育つので、世界中で栽培されるようになりましたね~ 日本での生産高は北海道が77%と突出しています、南米と北海道の気候が似ているからでしょうか、、漂泊の歌人 石川啄木が、じゃがいもの花を詠んでいます。 「馬鈴薯の花咲く頃となれりけり 君もこの花を好きたまふらむ」 一握の砂  明治の昔、啄木が見た北海道の大地に咲く馬鈴薯の花~終生忘れ得なかった「橘智恵子」の面影を重ね詠みました。歌碑はジャガイモの産地、倶知安町にありますよ~
a0315942_23063823.jpg
a0315942_23063503.jpg
a0315942_23064118.jpg
a0315942_23064337.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-29 23:07 | 風景写真

北海道庁の睡蓮

旧北海道庁の睡蓮が見頃です、200万人に近い人口の札幌中心部ですが、レトロな赤レンガの道庁があり、前庭の池には鴨が泳ぎ睡蓮が咲き、まさにオアシスですね~ここの池で現在咲いているのは睡蓮ですが、明治の昔には、蓮(ハス)の池だったそうです。北広島の島松沢に「旧島松駅逓所」があり以前に訪れた時に頂いた資料によれば、「北海道寒冷稲作の父といわれる中山久蔵は、米づくりの他にも果樹栽培、牧場経営、養鯉などを試み、ハスの栽培も行っていました。明治22年には北海道庁赤レンガ庁舎前の池にも移植されましたが、現在は消滅し、睡蓮になっています。島松のハスも一時消滅しましたが、その後復元され、旧島松駅逓所の庭の池では今もこのハスを見ることができます」とありました。先日も行って蓮の開花状況をみてきましたが、来月に入ってからが見ごろでしょうか~今日の画像は、旧北海道庁の池に咲く「睡蓮」です。
a0315942_23271762.jpg
a0315942_23271515.jpg
a0315942_23271365.jpg
a0315942_23271075.jpg
a0315942_23270669.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-28 23:28 | 草花
札幌市では夏休みに入って最初の日曜日、キヤンプや海水浴など予定していた人が多かったのでしようが、残念ながら札幌では朝から雨、降り止まずでしたね~そんな状況ですから、朝からPCのメンテをやってました。HDDにたまり過ぎた画像を外付けHDDへと引越し作業でした。夕方近くには終わりましたが、退屈で、こんな雨の日にしか撮れない風景をと思い、近くの公園へ子供たちを連れて行って来ました。あじさいが雨に濡れ、いい雰囲気で子供たちも歓んでいるような、、、
a0315942_22470842.jpg
a0315942_22470392.jpg
a0315942_22470525.jpg
    カメラバッグに入っていた子供たちです~このブログに時々でてきます~
a0315942_22471066.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-27 22:51 | 風景写真
先日、旭山記念公園で夕陽を撮ってきました。平日の日没前でしたが、散歩する人、ウォーキングしてる人や 肩を寄せ合うカップルなど中心部に近いせいか随分多くの人がきていましたね~中でも多かったのは私も含めたカメラマンでした。手稲山をかすめ刻々と沈む太陽と中心部のビル群を交互にパンしながら忙しい、、、NDフィルター使用でしたが、イメージした構図と画像はまだまだ、、、未熟でした。
a0315942_23123582.jpg
a0315942_23124219.jpg
a0315942_23124409.jpg
a0315942_23124776.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-26 23:15 | 風景写真

豊平川花火大会

巡る季節は歳と共に早く感じて、今年もまた豊平川花火大会の時期になりました。以前は年に3回ほど花火大会が催されたと記憶していましたが、経済が低迷してスポンサーがつき難いのでしょうか、、、花火、浴衣、蚊取り線香、冷麦、そして程よく冷えたビール、私の夏のイメージでした。毎度、感じることですが花火を撮るのは難しい~ですね! まだまだ修行です、、 
「星一つ残して落つる花火かな 」  抱一
a0315942_23272347.jpg
a0315942_23272614.jpg
a0315942_23272951.jpg
a0315942_23273411.jpg
a0315942_23273195.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-25 23:28 | 祭り

秋まき小麦の話

「春よ恋」「はるきらり」「キタノカオリ」「ハルユタカ」「ゆめちから」「きたほなみ」 歌のタイトルではありません、小麦の品種名ですね~今の季節、秋まき小麦の収穫が盛んですね!北海道ではお盆を過ぎた頃 、種を蒔き、冬の間じっと雪の下で寒さに耐え、雪が消えると色彩の無かった畑に生命感を感じさせる緑色が現れ、写真愛好家にとっても待ちかねた季節ですね~歳時記に「麦秋」と言うのがあります、これは夏の季語なんですね、秋まき小麦がたわわに実り風にそよぐ様はまさに夏!収穫後の麦わらで帽子を作れば、麦わら帽子、夏のイメージそのままです、、江戸時代の俳人 小林一茶の句で 「麦秋や子を負ながらのいはし売」子供や身近な動物を慈愛に満ちた眼で詠んだ一茶らしい句ですね~
a0315942_23074639.jpg
a0315942_23074916.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-24 23:08 | 風景写真

バラ園 岩見沢公園

10日ほど前でしょうか~岩見沢公園のバラ園へ行ってきました。HPによれば4 万平方mの敷地に約490品種8600株のバラとハマナスが植えられているそうです。園内の駐車場に入り、車を降りると同時にバラの甘い香りに包まれましたね~平成13年にリニューアルしたそうで、広大な園内には車椅子も通れる散策路が整備されて世界各国のバラの香りを楽しめましたよ~
a0315942_22240650.jpg
a0315942_22240961.jpg
a0315942_22241343.jpg
a0315942_22241682.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-23 22:25 | 公園

カムイノミ (神への祈り)

道庁前の北3条広場が歩行者空間として、オープンしました。北3条西4丁目は道庁正門から続くイチョウ並木で市民にはお馴染みの道路でしたね~この通りは札幌で初めての舗装道路でもありました。大正13年、ブナの木を加工して敷き詰めたようです。当時道庁前ですからメインストリートで馬車などが通っていたのではと想像します。今回、歩行者専用空間として道路整備の際アスファルトの下にあった木の舗装を剥がし、道庁赤レンガにあわせ江別産の赤レンガを敷き詰めました、愛称が「アカプラ」赤レンガプラザを短縮した?なんともイージーな、、、オープニングイベントの一つとして札幌国際芸術祭の成功と広場の安全と繁栄を関係者によって祈願されました。これらの企画は「坂本龍一」氏です。タイトルにある「カムイノミ」とはアイヌ民族に伝わる神に感謝する儀式です~北海道開発の原点となった開拓使の前で、祈り、歌い、舞う、アイヌ民族の精神の寛大さ偉大さに、ただ、ただ頭が下がる思いでした。
a0315942_23111266.jpg
a0315942_23111600.jpg
a0315942_23113478.jpg
a0315942_23112474.jpg
a0315942_23113138.jpg
a0315942_23112923.jpg
a0315942_23113629.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事がありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします (バナーの上で CTRLキーを押しながらクリックでページを変えることなく投票できます)

[PR]
by flycoachman | 2014-07-22 23:13 | アイヌ民族

by coachman