北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

<   2014年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ガマの穂

公園の散歩も風景に色彩が乏しくなって来ましたね~昨日も枯れ葉、カラッ風の公園を歩いていると湿原に「ガマの穂」の茶色が目に付きました。ほとんどのガマは穂綿になっていましたが、ものみな枯れた湿原で北風に負けまいと立っている「ガマの穂」が凛々しかったです。昭和世代は童謡「因幡の白兎」(いなばのしろうさぎ)は聞き覚えがあるかも知れませんね~因幡の国とは現在の鳥取県のことで「古事記」にも書かれている神話です。鰐によって皮をむかれたウサギが通りかかった大黒様(大国主命)の言う通りガマの穂綿に包まるともとの白兎になれた、とのお話でした。WEBに歌詞がありましたのでコピペします。童謡を聴いてみたい方はYouTubeへどうぞ!

「大黒さま」

大きな袋を 肩にかけ大黒様が 来かかると ここにいなばの
白兎(しろうさぎ)皮をむかれて 赤はだか

大黒さまは あわれがりきれいな水に 身をあらい蒲(がま)の穂綿に 
くるまれとよくよく教えてやりました

大黒さまの言うとおりきれいな水に 身をあらい蒲(がま)の穂綿に 
くるまれば兎はもとの 白兎

大黒さまは だれだろう大国主命(おおくにぬしのみこと)とて
国をひらいて 世の人を助けなされた神さまよ
a0315942_23025043.jpg
a0315942_23025498.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2014-11-30 23:10 | 草花

クリスマス商戦

今日は近くにある、大型ショッピングセンターで買い物の付き合いでした、女房の買い物の間は本屋を覗いているのが常で、新しく文庫になった本や、PC関係、カメラ関係の雑誌などのチェックです~久しぶりの店内は、すっかりクリスマスモードで気忙しさを感じさせてくれますね~バーゲンセールに群がる客を見て 相田みつお の言葉を思い出しました。「奪い合えば足りない 譲り合えばあまる
a0315942_22582645.jpg
a0315942_22582143.jpg
a0315942_22582930.jpg
a0315942_22583354.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2014-11-29 22:59 | 札幌

ベンチで休めば 2

近年、その公園の情景にふさわしいデザインのベンチをよく目にします、公園ですからお役所仕事の無粋なものと思いがちですが、回りの景色に溶け込むような、形状や素材が多いですね~ かなり以前ですが、アリスファームの「藤門弘」氏の著書で「シェーカー家具」を知りました。18世紀ころからニューイングランドで厳格な清教徒「シェーカー教徒」が自給自足を旨として家屋、家具を作っていました。華美な装飾を廃しシンプルで堅牢な椅子などは、現在の家具デザインにも影響を与えているようです~シェーカー教徒は労働を尊び、規律を守り、所有欲を嫌い、崇高な精神性を教義としてる清廉な集団でした。公園のベンチを撮っていると、シェーカー椅子を連想してしまいます、シンプルで堅牢、共通のポリシーが感じられますね~
a0315942_00181714.jpg
a0315942_00182137.jpg
a0315942_00182513.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2014-11-29 00:19 | 椅子

ベンチで休めば

日本式家屋に椅子が現れたのは、明治時代以降のことで、一般家庭に椅子やテーブル、ソファなどが普及しだしたのは昭和も20~30年代ではないでしょうか、私なども幼児期に初めて座った椅子が母のミシンに付属の椅子だった記憶が、、、日本式家屋に椅子が普及しなかった理由のひとつに日本の高温多湿な気候があります~湿った土地には高床式の建築と通気性の良い、畳の文化が合っていたのですね~今夜の画像は四季折々の公園で撮りためたベンチです。今日も散歩の途中でベンチに呼ばれたような気がして座ったら、ついこの間までのトンボ採りの子供たちや、犬を散歩させているご夫婦や自転車の青年やウオーキングの壮年もいなくなって、、、座ったベンチの隣は木枯らしだけが吹きぬけて、、、「海に出て木枯らし帰る所なし」 山口誓子
a0315942_23480741.jpg
a0315942_23481269.jpg
a0315942_23481664.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2014-11-27 23:48 | 椅子

緑の眼 紅い眼

蔦は紅葉する夏蔦(ブドウ科)と常緑の冬蔦(ウコギ科)と大別されるそうです。ヨーロッパでは古来から常緑の冬蔦(ウコギ科)が好まれ常緑の蔦を這わす事により、雷よけ、魔よけなどの効果があると信じられていたそうですね~紅葉して葉が落ちてしまうものは没落を連想させるようで好まれなかったようです。蔦は壁を伝う事から「ツタ」と呼ばれ、春、新芽が出ると光合成が盛んになり「クロロフイル」の色素が出てツヤツヤとした緑色ですね~気温が下がってくると紅い色素の「アントシアニン」が出来るそうです~(Wikipedia)今夜の画像は札幌ファクトリーの蔦に覆われた煉瓦の丸窓です。
a0315942_21275108.jpg
a0315942_21274721.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2014-11-26 21:28 | 風景写真

長い影

日課の散歩も、冷たくなった風の中で筋肉が強ばるのか、辛くなってきましたね~そんな訳でウオーキングポールを購入しました。説明書には同じ運動で30%も消費カロリーが増えるとか、、1時間ほど歩いてみると確かに姿勢は良くなり、腰や膝への負担は減りました。ただ、今まで手に持っていたカメラは首にかける事になり、、首や肩が凝って(笑) いつもの公園の湿地帯にある木道を歩けば夕日を背に受け長い影が、、22日は、二十四節季の(小雪)で七十二候では(虹蔵不見)北風が吹くと雨も雪に変わりもう虹も見られなくなる、いつのまにか影も長くなるそんな季節になりましたね。「霜月や痩せたる菊の影法師」 正岡子規の俳句が腑に落ちる季節です、、      
a0315942_23155241.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村     
[PR]
by flycoachman | 2014-11-25 23:16 | 風景写真

廃屋

過疎の町や村を通ると廃屋をよく見かけます、炭鉱で栄えた町だったり、酪農で栄えた町だったり、潅木や雑草の覆い茂った間から生活の痕跡が見えたとき、ファインダーの中で物語が始まる気がして、、、
a0315942_22332150.jpg
a0315942_22331745.jpg
a0315942_22331348.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2014-11-24 22:36 | 古い建物

本庄陸男

時代小説が好きで、どの時代の小説でも数ページほど行を追えば時間軸に絡まり、どこでもドア(笑)を開けるたびに異次元に没入できる~それが時代小説の面白さですね~最近では耳にすることも無くなりましたが。社会主義や共産主義と結びついた小説のジャンルで「プロレタリア文学」がありました。小林多喜二などはその代表ですね、、戦前の歴史小説で、プロレタリア作家 本庄陸男が書いた「石狩川」は 戊辰戦争に敗れた仙台藩の岩手山支藩一族郎党161名が、明治5年、北海道開拓に入植するも耕せど耕せど石狩川の度重なる氾濫で苦難の生活を強いられ、さらに開拓地をめぐって開拓史役人との折衝や過酷な請負工事、などをほぼ実録で書いた物語でした。作者の「本庄陸男」は当別町生まれで(1905年2月~1939年7月)34歳の若さながら肺炎で亡くなっています。小説「石狩川」は未完の小説なれど舞台や、映画にもなっております。今日の画像は当別町にある「本庄陸男誕生の碑」と作品名ともなった石狩川を望む堤防にある「文学碑」です。
a0315942_23355905.jpg
a0315942_23355498.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2014-11-23 23:38 | 文学

札幌中央創成小学校跡

先日、いつもの市内ギャラリー巡りの途中、札幌中央創成小学校跡の記念碑を撮ってきました。箱館五稜郭戦争が終わり明治新政府によって札幌に開拓史が置かれたのがまだ硝煙の匂いがさめやらぬ明治2年のことで、さらに2年後の明治4年に現在、札幌市役所がある北1条西2丁目に最初の小学校である「札幌中央創成小学校」が出来たのですね~新天地北海道にこそ学識と開拓精神を持った人材の育成が急務だったのでしょう、、同所の記念碑に刻された校歌からも当時の勉学に勤しむ学童の気概が伺えます、、

札幌中央創成小学校歌

菊のかおりの いや高く 
学の柱つき立てし
その年月を かぞうれば 
明治四年の十月(かむなづき)





a0315942_23163239.jpg
a0315942_23163674.jpg
a0315942_23162957.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2014-11-22 23:17 | 古いもの

雪とイチョウ

外を歩いていると雪の上にイチョウの黄色い葉が重なって、、黄色い歩道になっていました~初冬の風の冷たさは、心にも吹くようで、健さんの訃報だったり、数枚の喪中の葉書だったり、、、たった今、TVの南極物語を見終わりました、、鎖に繋がれたまま置き去りにされた犬たちの心情を思いやると、、切ないですね~   この季節に思い浮かぶ短歌があります~「俵 万智」の代表作だと勝手に思っています。「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ  暖かさは体にではなく人の心にあるのですね~
a0315942_23450538.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2014-11-21 23:45 | 風景写真

by coachman