北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「中ノ沢サイロ」南区

札幌市内の神社を探索?していると南区中ノ沢の奥に「布袋神社」と言う小さな社(やしろ)を見つけました。北海道神社庁のデーターベースにも載っていない社です。もっとも日本の神様は多神教ですので、八百万(やおよろず)の神様がおり、神社も八万社あると俗に言われていますから、山奥の人目に付かぬ社や個人建立した社は数え切れぬほどありますね。その神社を訪ねた帰りに軟石と思われるサイロを見つけました。遠くからの撮影ですので札幌軟石か地理的な関係から硬石かは判別できませんでしたが、中ノ沢の山奥ですから運搬、建設には相当のご苦労があったのではと想像します、、
a0315942_22363227.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-30 22:37 | 古い建物
先月の事です、定山渓へ行った際、普段から気持ちの何処かに軟石を気に留めているのでしょう ね~国道230号線沿いに軟石で出来た「バス待合室」を見つけました。バス停名が「定山渓車庫前」となっていました。「じょうてつ」のバス待合室が何故軟石なのか?またまた好奇心がフツフツと沸き起こり(笑)車をUターンして、バス待合室に止めれば 説明板がありそれによると 昭和28年に開通した定山渓鉄道の豊平駅を解体した際の床材、プラットホームが再利用され、平成17年9月にバス待合室として建築されたとの事でした。定山渓鉄道が廃止されたのが、昭和44年ですから、平成17年まで36年間もよくぞ保存し、しかも再利用してくれたとは自称軟石フリーク?として喜ばしい限りですね~再利用、これぞ昭和の歴史を刻んだ軟石の魅力なのかも知れません、、、
a0315942_00071930.jpg
a0315942_00072236.jpg
a0315942_00071619.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-30 00:08 | 札幌軟石

「軟石倉庫」岩見沢市

昨日に続き岩見沢市で見つけた札幌軟石の倉庫です、駅に近い処で、以前は店舗のようでしたが現在は営業はしていないようですね、小さい倉庫では有りますが、よくよく見れば、随分と意匠を凝らした倉庫でした~左側の空き地から見えた入り口は(窓?) は奥に鉄扉が見えますが、(25日更新の)銭函の倉庫のような「引き戸」の防火壁のようにも見えますね、正面の屋号(家紋 丸に三つ柏) その下には楣(まぐさ)を模した装飾 (23日更新の石狩の倉庫にも似たような装飾がみられる) さらにその下には「波うさぎ」の文様が彫られていますね~因みに「波うさぎ」とは 人生の荒波を乗り越え、決して後ずさりせず前へ前へと進み、うさぎは多産である事から子孫繁栄のシンボルとして昔から吉祥文様となっています。この倉庫の仔細は分りませんが、建て主と石工の心意気が時を越えて伝わってきそうです、、
a0315942_23123691.jpg
a0315942_23123920.jpg
a0315942_23124284.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-28 23:13 | 札幌軟石
岩見沢に用事がありまして訪れたのが4月の中頃だったと思います。古い記憶をたどれば駅の付近に大きな倉庫が沢山あったような~当地に行って見て唖然!軟石倉庫が並んでいた筈がビルやマンジョン、駐車場に変貌し、往時の痕跡を探すも年月の無常さでしょうか、跡形もありませんでした。それでも何か無いかと線路沿いを走行していたら見つけました、札幌軟石倉庫です、妻側の屋号はと眺めれば「玉葱輸出倉庫」と彫られているのですね~札幌丘珠の玉葱が、戦前にロシアやフィリッピンへと輸出されていたのは承知していましたが、さらに調べれば、札幌農学校に招聘された、ブルックス博士が北海道に持ち込んだ「イエロー・グローブ・ダンバース」種が改良の末「札幌黄」として普及し、その兄弟種が「空知黄」「北見黄」として全道で栽培されていたのですね~空知地方からも遠く海外へ輸出されていたのですね、、郷土の文化と歴史を遺してほしいものだと、、、
a0315942_23082491.jpg
a0315942_23082837.jpg
a0315942_23083189.jpg
a0315942_23083494.jpg
a0315942_23083619.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-27 23:09 | 札幌軟石
自宅から札幌中心部に向かう際、途中の豊平公園へ時々寄り散歩しています。昨日、紫陽花は咲いたか?と思い訪れましたが、まだ早かったようです~豊平公園は、林業試験場の跡地を利用して生まれた公園で「緑のセンター」の美しい花壇や庭園が広がり,試験場の名残でしょうか天を突くような古木も多いですね、住宅とマンションに囲まれた公園ですが、野鳥も多く三脚に乗せた長いレンズを巣穴に向けている人も見受けますね~今の季節、薔薇が見頃のようです。原色の薔薇を撮る時、何時も色つぶれで思うような画像が撮れません、今回はマイナス補正で撮ってみました、夕方、曇天で条件悪すぎ!(腕も悪い!)
a0315942_23001948.jpg
a0315942_23002396.jpg
a0315942_23002585.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-26 23:01 | 草花

「軟石倉庫」銭函

銭函は小さな町だ、この町で35年前に 倉本聰 脚本の映画「駅」のロケが行われた、雪降る銭函駅のホームで、警察官に扮した「高倉健」と妻に扮する「いしだあゆみ」の離別のシーンである。映画冒頭のシーンであったと思うが、離婚をし銭函を去る場面、動き出した列車内の「いしだあゆみ」と幼い息子、見送る寡黙な健さん!涙を見せまいと震える唇をかむ「いしだあゆみ」おどけて敬礼をするも、その瞳から大粒の涙が、、、、そんなシーンを思い浮かべながら車を走らせていると、銭函駅の近くに軟石の蔵を見つけました。以前は質蔵だったそうで大坂屋の屋号そのままに飲食店として営業しています。銭函は古くから鮭漁や鰊漁の好漁場であった事から栄え、各家庭に銭の箱があった事から名が付けられたようですね、そんな好景気な時代の名残でしょうか、海岸の近くに建築されていました。これまで少なからずの蔵や倉庫を撮ってきましたが、このような形状の窓の扉は始めて見ました。正確には扉ではなく「軟石の引き戸」なんですね~これは珍しいのでは、窓の半分は軟石壁同様に積まれ、残り半分を塞ぐ形状の引き戸で、閉める際に力を加える取っ手も意匠を凝らした軟石なんですね~これは面白い、、健さんが教えてくれたような、、、
a0315942_23303732.jpg
a0315942_23303472.jpg
a0315942_23304419.jpg
a0315942_23304135.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-25 23:31 | 軟石

「軟石倉庫」発寒中央

毎日のように古い建物を素人目線でブログに紹介していると、思いがけない友人、知人からも軟石建築の情報が寄せられ嬉しい限りです~今日の軟石もそんな情報の一つでした。不思議なことに何度も通った道路でしたが、まったくその存在に気が付きませんでした「発寒中央駅」北側の軟石倉庫です。医薬品、医療器具などの総合卸商「株式会社ほくやく」の敷地内に建てられており現役の倉庫として使用されているようです。よくよく見れば軟石のサイズや色も多様で一部に札幌軟石も使われているようですが、軽石成分の多い明るい茶色で、ほとんどが小樽産の軟石かと思います。一部は風化してツル目も無くなっていますが、これもまた味わいがありますね~建築年や当初の用途は不明ですが、軟石の様子を見れば再利用された軟石ではと想像します~明治13年に手宮~札幌間の鉄道が開通していますので、小樽産の軟石倉庫が発寒中央の駅前にあっても不思議ではありません。この建物もまた地域の文化遺産として遺すべき建造物ですね、、
a0315942_22434406.jpg
a0315942_22434831.jpg
a0315942_22435277.jpg
a0315942_22435924.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらバナーのクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-24 22:45 | 軟石

「軟石倉庫」石狩市

昨日更新の石狩灯台を撮影した帰路、灯台へと続く道沿いに軟石倉庫を見つけました。表面の仕上げなどから昭和になってからの建築と思います。断定は出来ませんが色や軽石成分の多さなどから小樽産の軟石かも知れません~壁面には三方にトマソンがあり、どのような建物が繋がっていたのか想像するのも楽しいですね、特に入り口や窓の要石の周囲は素晴らしい意匠を凝らしたものでした。切妻に彫られた桐の屋号(家紋)も細かな文様で職人技を見せてくれますね、、、現在は使われていないようですが、往時の石狩を偲ぶ文化遺産ではないでしょうか、、
a0315942_22202115.jpg
a0315942_22202631.jpg
a0315942_22202965.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-23 22:21 | 軟石

石狩灯台

最近、神社巡りに魅了され、札幌近郊はもとより道南、道北なども訪れ参拝しています。煩悩を数えれば百八つでは とても済まないほどで神社を見つければ心ばかりのお賽銭を入れ「祓い給え 清め給え 守り給え 幸わい給え」と金額以上のお願い事をしている私でした。神仏に特段の畏敬は有りませんが、境内の鳥居、玉垣、手水舎、灯篭、狛犬などの古いものの撮影が目的で、各地を巡っています。先日、石狩の八幡神社へ行った際、古い御影石の鳥居を見つけ 彫られた年号が「文化十年」江戸時代なんですね~徳川家斉の頃で「北前船」で北陸方面から運ばれたと思います。「北前船 寄港地と交易の物語」(無明舎出版) によれば北前船のバラスト(船底のおもり)も兼ね運ばれたようですね~道南方面の神社には文化、文政の頃の鳥居がとても多いです。さて、今日の画像ですが八幡神社の傍の「石狩灯台」です。灯台の傍には映画「喜びも悲しみも幾歳月」主題歌の歌碑がありました、昭和32年の映画ですからリアルタイムでは見ていませんが、主題歌はラジオから何年にも亘って流れていたのでよく覚えています。天気の良い日曜日で多くの家族連れが訪れていました~ハマナスはじめ多くの海浜植物が楽しめます、、
a0315942_22563810.jpg
a0315942_22564291.jpg
a0315942_22564676.jpg
a0315942_22565470.jpg
a0315942_22565752.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-22 22:57 | 風景写真

平岡公園の牡丹

初夏ですね~牡丹やルピナスが蒼く澄んだ空に似合う季節です。今日の画像は昨日の散歩で平岡公園で撮りました~牡丹は中国原産だそうで、別名は「富貴花」「百花王」 その根は漢方薬として重宝されるそうです。古い東映映画の「高倉 健」の背中には唐獅子と牡丹が彫られていましたね~百獣の王「獅子」と百花王「牡丹」道理で映画の中の健さんは強いはずです!
a0315942_23294599.jpg
a0315942_23294918.jpg
a0315942_23295264.jpg
a0315942_23295413.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2015-06-21 23:30 | 公園

by coachman