北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「千鳥ケ滝」夕張市

夕張市の国道274号線、由仁町寄りに「滝ノ上公園」があります、芝桜で有名な「滝上町」とは違います。国道274沿いにあるので休憩に立ち寄ることが多い公園で、園内を流れる夕張川にある「千鳥ケ滝」春は桜、秋は紅葉と夕張市民の憩いの公園ですね~
a0315942_22013163.jpg
a0315942_22012699.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-31 22:02
東川町で開催されてた「第23回全国高等学校写真選手権大会(写真甲子園)」が、昨日で終わりましたね~残念ながら大会中は天候に恵まず、北海道らしい 7月の青空を写せなかったのが、少しばかり残念ではありました。大会の様子は連日 YouTube にUPされ、昨日の表彰式の様子も YouTube のライブ配信を楽しく拝見していました。「写真甲子園」のHPでは予選、本選の全ての画像が、こちら(リンク参照)で見られます。話変わって、今日の更新は豊平公園のアジサイです。札幌市内の公園でもアジサイが多い公園ですね~
a0315942_22233583.jpg
a0315942_22233997.jpg
a0315942_22234288.jpg
a0315942_22234536.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-30 22:24 | 草花
札幌市南区にある東海大学の敷地には、国内のラベンダー栽培発祥の地であることから、キャンパス内にラベンダーが品種ごとに植えられ、爽やかな香りが漂って、、
a0315942_22100431.jpg
a0315942_22100801.jpg
a0315942_22101166.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-29 22:10 | 草花
私の親父が宮城県の出身とあってか、若い時から「伊達正宗」や「仙台藩(伊達藩)」に興味を持っていました。伊達正宗(幼名・梵天丸)の近習で、長じて正宗の軍師になった「片倉 景綱(小十郎)」の「片倉鉄砲隊」が、第41回白石区ふるさとまつりに招かれ、片倉家中に伝わる「不易流」古式砲術を復元、黒色火薬を使った本格的な演武でした。

片倉家は、宮城県白石市を領地とし、明治維新後、北海道に移住し大変なご苦労の末、幌別郡や現在の札幌市白石区を開拓しました。そんな関係から本家筋の宮城県白石市とは「友好都市」となり今回の古式砲術演武が再現されました~初めて見る「火縄銃」音と煙、迫力がありましたね~
a0315942_22100583.jpg
a0315942_22100922.jpg
a0315942_22101172.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-28 22:10 | 祭り

初めての日周写真

これまでも何度か星空を撮影してみましたが、いつも失敗ばかりで、、これはレンズが悪いと勝手に思い(笑)広角レンズの購入を女房に恐れながら打診するも、言下に却下! なんとか資金を調達すべく、使用頻度の少ないレンズを数本、やむなくオークションへ、、結果、本日更新の画像となりましたが、まだまだビギナーの域を抜け出せない(笑)
a0315942_22024993.jpg
 
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-27 22:03 | 天体写真

北野花火大会

23日は「第26回北野ふれあい夏まつり」がありまして、厚別川の河川敷の会場には露店が並び、浴衣姿の大勢の子供たちが楽しそうに集っていました。お楽しみは暗くなっても続き、北野中央公園での花火大会。今年初めての花火を撮ってきました。瞬時、夜空を彩る花火、儚さの比喩でもあるような~夏ですね~

おもしろうてやがて寂しき花火かな
a0315942_22162385.jpg
a0315942_22162780.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-26 22:17 | 風景写真
半月ほど毎日更新を続けてきた「北海道・クラシックカー・ラリー」今日が、最終回です。最後の旧車は「ダットサン・フェアレディ」近年、若い人の車離れが言われているようですが「ダットサン?」って何処のメーカー?そんな疑問が聞こえてきそうですね~概略ですが、その名が誕生したのは 1932年の事で「吉崎良造」がダットサン商会を設立し、幾多の変遷があり「日産自動車」の前身となる「自動車製造株式会社」が海外向けブランドとして「DATSAN」のブランド名を使用したのが最初です。アジア、中南米、中東などに商用車などを輸出したようで、故障の少ない日本ブランドの「DATSAN」は今も世界中で活躍しているようです。

最初の車は「DATSUN FAIRLADY SPL212(1960年製)」で、初めて「 FAIRLADY」の名を冠した記念すべき車ですね~OHVで1200cc おしゃれな欧風デザインとカラーは海外への販売を意識したものでしょうか、生産台数が僅か217台、私も実車を見るのは初めてで希少な車に出会えました。クラシックカー・ラリーに改めて感謝です。

        「DATSUN FAIRLADY SPL212 (1960年製)」
a0315942_22112092.jpg
続いて「DATSUN FAIRLADY SP310(1963年製)」です。1962年に生産終了した「SPL212」の後続車として販売されました、私が馴染み、見知っている「FAIRLADY」はこのタイプの車で「ハシゴフレームのフェアレディ」との愛称で呼んでいました。1963年製とありましたから乗車定員3名で後部座席に横乗りで一人が乗れる初期型と思います。

        「DATSUN FAIRLADY SP310 (1963年製)」 
a0315942_22112356.jpg
最後は「NISSAN FAIRLADY Z 432(1971年製)」です。輸出国によって「DATSUN」「NISSAN」とエンブレムが変わり国内仕様は「NISSAN」になりました「Z」は「ジャガー・Eタイプ」匹敵する車を開発コンセプトとして作られ、特に「Z432」は、直列6気筒エンジン、24バルブDOHC 1989cc 最高出力は160PS/7000rpm 当時の国産市販車では最速の部類で、そのままレースへ参加できるほどの高性能でした。非力なドライバーには扱うのが難しい車でしたので、生産台数は 419台ほどでしたが、まぎれもなく国産の名車ですね~

          「NISSAN FAIRLADY Z 432 (1971年製)」
a0315942_22113045.jpg
参考資料 「北海道クラシックカーラリー 2016」公式サイト http://hcc-rally.jp/
「Wikipedia」  「世界の名車」 クウェンテイン・ウイルソン ディビット・セッビー 共著
「日本における自動車の世紀」 桂木洋三
「ポルシェ」 岡崎宏司 福野 礼 共著
「マツダ・ロータリーエンジンの歴史」 GP企画センター

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-25 22:14 | 古いもの
今日から国産車です「クラシックカー・ラリー」に、エントリーするほどですからいずれ劣らぬ名車ですね~最初は「トヨタ2000GT」続いてマツダ「コスモ」が2台 次いで日産車で「スカイライン」が2台です。いずれの車も平均的サラリーマンだった私が買える値段の車ではありませんでしたが、今もなお、その姿をみれば、40年も前の本屋の立ち読みで車雑誌などを見てはため息をついては、ときめいていた自分を懐かしく思い出しています。

TOYOTA 2000GT」1960年代、国産メーカーはこぞって自社の技術力をアピールするために高性能スポーツカーを開発し販売していました。信じ難いことですが、現在は世界の「TOYOTA」が当時、大衆車、商用車の開発を主要としスポーツカーのノウハウを持つにいたっていませんでした。そこで「ヤマハ」の持つ高性能発動機の技術やヤマハ楽器に連なる木材の加工技術(ウッドパネルやステアリング)を欲し双方が極秘裏にアプローチし、トヨタ技術者4名はヤマハチームのプロジェクトに加わる形で完成を見た車です。以上の経緯からトヨタの車では無い!と論ずるモータージャーナリストもいましたが、いずれにせよ日本人技術者が作り上げた誇るべき国産車です。

          「TOYOTA 2000GT(1968年)」
a0315942_23110103.jpg
「マツダ・コスモ」世界初、ロータリーエンジンを載せ、量産された車です。最高速185km ゼロヨン加速は16.3秒。当時のスポーツカーの性能を比べても抜きんでて速い車でしした。後年、知人のロータリー車(カペラ)を運転させてもらう機会があり、アクスルを軽く踏み込んだと思ったら背中がシートに押し付けられた体感を今だ忘れずにいます。高性能ロータリーエンジン故、世界のレースでのレギレーションが変えられ締め出された時代もありましたが、再び低燃費、高耐久性、高性能のロータリーエンジンの復活を期待しています。

         「MAZDA COSMO SPORT(1968年)」
a0315942_23141362.jpg
         「MAZDA COSMO SPORT(1969年)」
a0315942_23141770.jpg
「日産・スカイライン」ご存知の方も多いと思いますが「スカイライン」の車名は、日産に1966年吸収合併される以前の「プリンス自動車工業株式会社」の由緒、伝統のある名前なんですね~スカイラインが今日まで伝説の車とされる理由の一つに 1964年の第2回日本グランプリにおいてスカイラインGT(エンジンはプリンスグロリァを載せ換たもの)日本人レーサー「生沢徹」がポルシェ904とデットヒートを展開し、当時の国産車が、ポルシェと互角に戦ったことに、プリンスだけではなく、国産メーカがこぞって称賛したのでした。その「スカイライン」をレース界で活躍させデザインしたのが、今や伝説のデザイナー「桜井 眞一郎」です。プリンス時代からのスカイラインの血脈は、今なお日産・スカイラインとして受け継がれています。

     「NISSAN SKYLINE 2000 GT(1970年)」(通称 ハコスカ)
a0315942_23192568.jpg
         「NISSAN SKYLINE 2000 GT-R(1971年)」
a0315942_23193093.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-24 23:28 | 古いもの
今日で外国車は最後になります。高級外車の代名詞のような「ベンツ」 2台で最初は「Mercedes-Benz 280SL(1968年製)」2台目が「Mercedes-Benz 280CE(1978年製)」日本では販売店「ヤナセ」の販売戦略が功を奏し、ステータスシンボルとしてあらゆる階層の成功者が乗る高級車とのイメージが定着しましたね~
a0315942_22315896.jpg
a0315942_22320283.jpg
a0315942_22320523.jpg
a0315942_22320992.jpg
最後の車はアメ車で「Chevrolet Bel Air 210(1955年製)」になります。シボレー・ベル・エアーは、GMグループのシボレー部門で1953年から1975年まで生産され、カナダに生産拠点を移して1981年まで生産が続けられていたそうです。赤白の派手なツートンカラー、丸みを帯びた大きな車体、エンジンはV8(と思われます)、クロームメッキの大型バンパーなど古き良き豊かなアメリカそのものでしょうか~

1973年公開の映画「アメリカン・グラフティ(ジョージ・ルーカス監督)」をご存知でしょうか、何台もの Chevrolet Bel Air が、スクリーンの中を疾走していたことを懐かしく想い出しました。ルート66 60年代オールデーズ ハイスクール 明るく、切ない青春群像を描いた映画でした、、、そんな懐かしさを過去から走らせてくれた「Bel Air」のオーナーさんに感謝と、心からのリスペクトです。
a0315942_22321496.jpg

a0315942_22321754.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-23 22:35 | 古いもの
昨日に続きドイツの名車「ポルシェ」です。「PORSCHE 911(1969年製)」「PORSCHE 911S(1970年製)」「PORSCHE 911(1973年製)」ポルシェを3台も並べると、ポルシェファンならずともレースファンなら1982年 ル・マンでの 1.2.3.フニッシュの奇跡のシーンを思い出す人もいるのでは、、ル・マンは24時間耐久レースで、1923年からフランスのルマンで開催されている伝統あるレースで今年で84回を数えます。

歴代優勝車はポルシエが、18回、2位のアウディは13回、3位はフェーラリで9回~今年も、昨年も「ポルシェ」が優勝しています。ちなみに日本車唯一の優勝は、1991年の「マツダ」のロータリーエンジン車でした「マツダ・787B」は、4ローター2.616cc ほどのエンジンではありましたが、他社の大排気量レシプロエンジンを凌ぐ性能で、圧倒的にレースを制したため、翌年よりレギレーションの大幅な変更により、高性能ロータリーエンジンは締め出されたしまいました~今夜の話はマツダではなく「ポルシェ」でした(笑)

ヨーロッパのスポーツカーに共通して言えることですが、創業時のデザインを大切にしていますね~何度モデルチェンジをしても、ブランドイメージは残っていますね、名前はポルシェ、カレラ、タルガ、カブルオレになろうとも「ポルシェ」がスポーツカーの頂点であることに異存のある人はいないであろうと思います。参考までに現在、販売されている車種の最高価格は「911ターボSカブリオレ」で28.650.000円、、ため息しか出ません(笑)(ポルシェジャパン調べ)

a0315942_22182964.jpg
a0315942_22183223.jpg
a0315942_22183959.jpg
a0315942_22184231.jpg
a0315942_22184978.jpg
a0315942_22185749.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-07-22 22:20 | 古いもの

by coachman