北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

<   2016年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

毎日、ストック動画ばかりで恐縮しています。今日の動画は夕陽が海に沈んだ後の紅い輝きを撮ってみたかったのですが、残念ながら、、、(当ブログ、管理人の事情によりしばらく休止いたします)
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-11-25 22:19 | 風景写真
昨日に続き「セタカムイ岩」の動画で、今日は日周運動をフリーソフト「sirus Comp」で比較明合成し動画にしてみました。
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2016-11-24 21:51 | 天体写真
昨日の画像「セタカムイ岩」を動画化しYou TubeにUPしてみました。14秒ほどの短い動画ですが全画面にし、運が良ければ流れ星が見れるかもしれません!

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2016-11-23 22:16 | 天体写真
昔、ラルマキという村の若い漁師が、一匹の犬を飼っていた。漁師は、犬を可愛がり犬も主人によくなついていた。ある時、海が久しぶりになぎになり、漁師は仲間と共に沖へ漁に出た。犬は、いつものように海辺で主人の帰りを待っていた。ところが、朝は穏やかであった海が、何時のまにか波が高くなり、日暮れとともに暴風雨となってしまった。

村人は、海辺でかがり火を焚いて無事を祈った。やがて、難を逃れた漁師が浜に帰って来たが、犬の主人は、ついに帰って来なかった。暴風雨は何日もつづいたが、犬は海辺で待っていた。そして、ある夜、悲しげな犬の遠吠えが、何時までも聞こえていたと言う。翌朝、暴風雨は止んだが、海辺に犬の姿は無く、岬に、犬の遠吠えをした形の岩がこつ然とそそり立っていた。人々は、その岩を「セタカムイ(犬の神様)」と呼ぶようになった。
a0315942_23395836.jpg

「月に吠える」萩原朔太郎

つみとがのしるし天にあらはれ、ふりつむ雪のうへにあらはれ、
木木の梢にかがやきいで、ま冬をこえて光るがに、
おかせる罪のしるしよもに現はれぬ
みよや眠れる、くらき土壌にいきもは、
懺悔の家をぞ建てそめし。


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-11-22 23:41 | 天体写真

積丹半島に陽が暮れて

半島の西に陽が傾き沈むと水平線上にポツリ、ポツリと漁火が揺らぎだす、夜空にレンズを向け、やや長めのシャッタースピードとISO800に北斗七星が応えてくれた(旭川市にて更新)
a0315942_21361751.jpg
a0315942_21362847.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-11-21 21:37 | 風景写真

積丹半島の夕陽

今夜は旭川市から更新です。先日の小樽~積丹で撮った画像からです。沈む夕陽の位置は季節ごとに大きく変わってしまうけれど、美しさはいつも変わらない!
a0315942_20161088.jpg
a0315942_20162127.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-11-20 20:18 | 風景写真

積丹半島の奇岩

平成8年2月10日午前8時頃、古平町「豊浜トンネル」で岩盤崩落事故が起こり、20名もの犠牲者が出ました。厳寒期、海岸での災害ですから救出には困難を極め、不眠不休の作業の甲斐なく全員が亡くなる痛ましい事故でした。当時、趣味のFly Fishingで、積丹半島突端付近の「野塚海岸」へ毎週のように訪れ「豊浜トンネル」を通っていたので他人事とは思えず、今なお現場を通過の度、御霊の安らかん事を念じております。今日の画像は現場に近い場所にある「ローソク岩」と「セタカムイ岩」です。
a0315942_23043334.jpg
a0315942_23043835.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-11-19 23:05 | 風景写真

小樽港のイメージ

「波止場」「桟橋」「船乗り」「錨」「マドロス」「縞のジャケツ」「マドロスパイプ」「霧笛」「夜霧」「密輸」「ボラード」「メリケンザック」「酒場」「鴎」そして「女」、、北海道の内陸で育った私の「波止場」のイメージは、昭和40年代、場末の怪しげな深夜映画館で得たもので、きわめて訝しく不確かなもですが、舞台となる危なげな港町で「石原裕次郎」の爽やかさばかりが輝いていました、、、小樽、裕次郎が育った街でもありますね~
a0315942_22270213.jpg
a0315942_22270719.jpg
a0315942_22271654.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-11-18 22:27 | 風景写真

運河夜景(小樽市)

小樽市の観光入込客数が平成27年度の集計で800万人に迫ろうとしているそうです。先日訪れた「小樽シャコ祭り」にも大勢いの観光客がバスを連ねて来ていましたね~小樽観光のメインと云えば「運河」で当夜も多くのアジア系の方や肩を寄せ合ったカップルが散策していました~

昭和50年代、運河を全て埋め立てる臨港線道路の拡張の計画があり、埋め立て派と保存派との対決の構図がありました。歴史的文化財の保存活動は市民運動の先駆けとなりました。文化財の保護か経済活動優先か、小樽運河保存運動は全国で注目されていましたが、紆余曲折の末当初の計画の半分を埋め立てる事で合意に至りました。現在800万人もの人が世界から観光に訪れる小樽、保存活動に声を上げた市民の皆さんの先見性に今更ながら敬服いたします。
a0315942_22393106.jpg
a0315942_22393756.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-11-17 22:40 | 風景写真
淡水の釣りを生涯の趣味と思っていましたが、10年近く前に職場で腰椎圧迫骨折をして以来、渓流の遡行やフライキャスティングに支障をきたすようになりました。以前から写真と云えば専ら釣った渓魚をリリース前の記念に撮るばかりで、水中の写真などは思いもよらぬ事でしたが、近年安価なカメラ用防水カバーが有る事をを知り購入、これが思いのほか面白い! 釣りとは比べようもないが、、、

16世紀のイギリスの作家で釣り人「アイザック・ウォルトン」が著した、釣り師のバイブル「釣魚大全(The Compleat Angler)」の巻頭でウオルトンは「穏やかなることを学べ(Study to be quiet)」と云い「アーネスト・ヘミングウェイ」は「釣れないときは、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい」また、釣り文学の雄「開高健」は「生まれるのは、偶然 生きるのは、苦痛 死ぬのは、厄介」 釣りもカメラも本も、面白い!面白い!

a0315942_22165489.jpg
a0315942_22170022.jpg
a0315942_22170459.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2016-11-16 22:17 | 水中画像

by coachman