北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ

<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

運河の白鳥 2

長沼町の「馬追運河の白鳥」2回目です。自宅から車で20~30分程度ですので、昨日も行ってきました。天気が良かったせいでしょうか、次々と家族連れが訪れ楽し気に写真を撮っていました。北海道に飛来して来るのは春と秋、シベリア往復の中継地が北海道各地の河川や湖沼ですね~「渡り鳥」この字ずらから「小林 旭」を連想してしまうのは日活映画の「すりこみ」でしようか? 
a0315942_22320179.jpg
a0315942_22320428.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-21 22:32 | 野鳥

馬追運河の白鳥

長沼町の「馬追運河」です。毎年、今の季節になると白鳥が飛来し美しい姿を見せてくれますね~長沼町 その名前が表すように古くは千歳川や夕張川などが氾濫を繰り返し無数の沼がありました。地質は泥炭で明治以降の開拓でも稲作に至るまでは大変なご苦労があったそうです~土地の改良、排水のため馬追運河は明治27年起工です。当時から湿地帯で沼が多いので、水鳥や渡り鳥が数多く飛来していたそうで、その名残でしょうか地名などに「舞鶴」「舞鶴橋」「繁殖橋」「長沼舞鶴小学校」が残っています。近年では「丹頂」の飛来も確認されていますね~ (参考 長沼町HP まちの歴史)
a0315942_22092232.jpg
a0315942_22093037.jpg
a0315942_22093059.jpg
a0315942_22093312.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-20 22:13 | 野鳥

三月の支笏湖 4

支笏湖岸、東側の旧有料道路付近から「樽前山」「風不死岳」を撮りました。旧有料道路とは昭和42年~昭和59年まで湖岸東側の数キロにわたって有料区間が設けられ、料金ゲートを通るたび理不尽な思いを抱きながら支払った記憶があります。現在は国道453号線になり快適な道路になりましたね~当時は支笏湖を車で一周でき、オコタン~美笛までは車が交差出来ないほどの狭く危険な林道で所々に待避所がありました(現在は通行止め)そんなことを想いだしながら外輪の山々をみれば懐かしさがこみ上げて~
a0315942_22261005.jpg
a0315942_22261406.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-19 22:27 | 風景写真

三月の支笏湖 3

昨日の続きで支笏湖です。水深、貯水量は書きましたが、透明度がまだでした「レファレンス協同データベース」の資料からの引用ですと透明度の高い順から 

1位 摩周湖(28.0) 
2位 倶多楽湖(22.0)
3位 支笏湖(17.5) 
4位 パンケトー(14.0) 
5位 菅沼(13.2) 
6位 ペンケトー(11.3) 
7位 本栖湖(11.2)
8位 洞爺湖(10.0)
9位 青木湖(9.8) 
10位 サロマ湖(9.4)

支笏湖は全国3位の透明度なんですね~ベスト10の内、北海道がベスト4を含む7湖がランクされていました。支笏湖は「極貧栄養湖」ゆえ透明度が高いと云うことでしょうか~随分以前の事ですが、釣り(Fly Fishing)でフローター(一人乗りで足で漕ぐチューブ形状の乗り物)で沖に出て、偏光レンズを透して湖底を覗けば、長い歳月を経たであろう倒木が重なり、魚影も手に取るように見え、あまりの透明度の高さに湖底までの距離感が感じられず不思議な浮遊感があった事を思い出します。
a0315942_22205895.jpg
a0315942_22210329.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-18 22:23 | 風景写真

三月の支笏湖 2

昨日の続きで支笏湖です。水深は秋田県の田沢湖に次いで二番目に深い湖で360mの水深があり、平均深度が265m 貯水量は琵琶湖に次いで二番目なんですね~最北の不凍湖である理由は夏に暖められた湖水が深部に達し冬季も対流し水温が高くなり凍らない!四季それぞれの風景で癒してくれる「支笏湖」200万人近くが住む大都市札幌から一時間ほどで大自然の真っただ中~北海道っていいな~
a0315942_22405467.jpg
a0315942_22410809.jpg
a0315942_22410136.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-17 22:42 | 風景写真

三月の支笏湖

日本最北の不凍湖です。最北の不凍湖ゆえ今の季節、湖岸には様々な自然の造形が見られますね~以前は釣りで(Fly Fishing)頻繁に訪れた支笏湖ですが、湖沼型分類によれば「極貧栄養湖」であり小魚が好むプランクトンなどが極端に少ない湖なので、小魚が少なければそれを捕食する大型魚も少なくなる、そんな自然の摂理も知らず、毎週のように通っていたのは極貧栄養湖ゆえ湖水の綺麗さとカルデラ湖のロケーションの良さ、釣れなくても大自然に癒されるそんな支笏湖が大好きでした。
a0315942_22184236.jpg
a0315942_22191300.jpg
a0315942_22191768.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-16 22:20 | 風景写真

冬の三階滝

大滝村 (2006年伊達市に編入) 村名の語源ともなった「三階滝」です、雪のない季節には何度か訪れたことがありましたが、冬季の訪問は初めてで雪中行軍を覚悟でスノーシューを持参、三階滝公園に着いてみれば、きれいに除雪されていました。山の中の滝なので除雪はありえないと思っていましたが、三脚をもってウロウロしていると地元の方が次々と来て湧水を汲んでいくのですね~近づいてみれば「甘露法水」と名付けられた湧水が、、飲んでみればまさに甘露、甘露~
a0315942_22232161.jpg
a0315942_22232600.jpg
a0315942_22233096.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-15 22:24 | 風景写真

中山峠から

札幌市と道南を結ぶ国道230号線の最高地点(835m)の中山峠です。私が最初に車で峠越えした時は(昭和40年代?)急カーブが多くガードレールも少なく所々未舗装で埃の中を走った危険な峠との記憶が残っています。当時、北海道中の峠や国道も同じ様な状況でしたね~三月の初旬ですから峠にある「中山峠」の石標も雪に埋もれ、羊蹄山(1898m)はとみれば雲に覆われ、裾野が見えるだけでした。峠を越え、喜茂別町に近づくと羊蹄山と山容が似ている「尻別岳(1107m)」が見えてきます、古くは「ピンネシリ(アイヌ語で男の山の意)」とか「前方羊蹄山」とか呼ばれていたそうです (Wikipedia) 
a0315942_22344862.jpg
a0315942_22344920.jpg
a0315942_22345482.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-14 22:35 | 風景写真

春のさえずり

華麗ではなく(笑)加齢による男性の身体的な衰えの顕著な例として俗に「眼、耳、魔羅(サンスクリット語)」と言われていますね~昭和二十年代生まれの私ですから、いずれも当てはまり「眼」には遠近両用の眼鏡に目薬にブルーベリーを摂取「耳」にはオムロンの補聴器(通院時ドクターの話を聞き逃さないため)「魔羅」にいたっては排尿器としての機能のみ(冬期間は頻尿の悩みあり)

今日のブログタイトル「春のさえずり」とは似合わない話です(笑)先日の公園で女房が「鳥のさえずりが、、」と云うもほとんど聞こえません。加齢による難聴は高周波帯の音が認識できなくなるようで、、それでも聞こえないまま女房の指した先を眼でたどれば、小鳥が~帰宅後PCで拡大し野鳥のサイトで調べれば「ハシブトガラ」「コガラ」のいずれかのようですが、ピントが甘くて断定には至りませんでした。
聞き取れず 隣にならって 空笑(そらわら)い」 「シルバー川柳2(ポプラ社)」 
この句をウンウンとうなずきながら理解する私はまぎれもなく前期高齢者です。
a0315942_22175630.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-13 22:18 | 野鳥

木の芽も膨らんで

昨日に続いて近所の公園です。園内を流れる川岸に自生する「ネコヤナギ」に春はまだか?とレンズを向け問うてみれば、恥ずかしそうに少しばかり芽吹いてそよぎ、春の風と遊んでいるような~
a0315942_22205515.jpg
a0315942_22205950.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-12 22:22 | 風景写真

by coachman