北海道photo一撮り旅

photo2519.exblog.jp

札幌市をメインに北海道の四季の写真を届けます。当サイトの画像、文章などの引用はどなた様も御自由にお使いください。リンクも御自由にどうぞ (当サイトからの画像、文章などの引用に際しての責は引用者の自己責任でお願いします)

ブログトップ
先日の「中島公園」の黄昏時の画像です。市内中心部にあり、ススキノにも近くまさに市民のオアシスですね、中島公園と言えば、懐かしく思い浮かぶ今は無き建物群がありました。そのひとつが「中島球場」円山球場や麻生球場が出来る前は高校球児の憧れの球場であり社会人野球やまれにプロ野球がきた記憶があります。「中島スポーツセンター」も懐かしいですね~スポーツセンターですから各種競技、コンサートや大相撲、プロレスやボクシングなどの興行、イベントがたくさんありました。もうひとつ、現在も有りますが忘れられない建物が「豊平館」です、明治の始め迎賓館として建てられ、国の重要文化財に指定されています。現在は修理中で見られませんが普段は市営の結婚式場として使われております。私事で恐縮ですが、随分昔此処で結婚式を挙げました。なにせ遠い昔の事で、その日を毎年失念し女房に怒られています、、(笑)
a0315942_22143340.jpg
中島公園から西方向の山なみに陽がおちて、、、
a0315942_22145608.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-30 22:24 | 公園

菊の話   2013/11/29

今月の初旬だと思いましたが、札幌地下街で「さっぽろ菊まつり」が開催されていました。「菊」と言えば皇室のご紋章で日本人には馴染みの深い花ですね、ですが意外なことに原産国は中国だそうです、日本に入ってきたのが平安時代初期で、以来、日本人と菊はかかわりの深い花となりました。日本人と日本文化を著した名著「菊と刀」で米国の文化人類学者ルース・ベネディクト(女性)は「美を愛し菊作りに秘術を尽くす」と書き、重陽の節句には菊を浮かべた酒を飲み、逝った人の棺には白菊を添え、仏壇には菊花を供え、寒い季節の鍋には春菊を入れ、さらに園芸家に至上の作品作りの楽しみを与える、これほど日本人の心に深く根ざした花はないと思います。花言葉は「思慮深い」菊を題材にとった詩歌は沢山ありますが、有名な松尾芭蕉の句を最後に書きおきます  
「菊の香や ならには 古き仏達」

「管物」 花弁が細く管状になっている品種
a0315942_20574678.jpg
a0315942_21013365.jpg
a0315942_21014705.jpg
「厚物」 花がまり状に厚く盛り上がる大菊の代表品種
a0315942_21044507.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-29 21:09 | 草花
今年もまた冷たく厳しい冬の到来です、朝起こされて窓の外を見ると一面の銀世界、ナナカマドの紅い実に白い綿帽子が、、齢を重ねるにつれ冬の季節に喜びを見出すことが少なくなりましたね、「冬来たりなば春遠からじ」古い詩を思い浮かべながら「冬眠できればいいな、」などと年甲斐も無く思う今朝でした。
a0315942_22544570.jpg
a0315942_22550702.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-28 22:56 | 風景写真
昨日に引き続き豊平川サケ科学館の画像です。少年の頃から渓流での釣りが好きで、ルアーやフライなどのスポーツフイッシングと言われる釣りを長く続けてきました。最初の画像は「アメマス」です。一般的にはイワナと呼ばれているサケ科の魚ですが、北海道の大河に生息するものは降海型で「海アメ」と呼ばれ、海に降り大きく成長して最大70~90cmにもなりスポーツフイッシングの格好のターゲットとなっています。 下の画像のアメマスは1歳魚 10cmほどです
a0315942_21524404.jpg
日本最大の淡水魚「イトウ」の稚魚です。2年魚 幻の魚と言われていますが道北の河川では釣り人がイトウ保護に尽力し、1mを超えるものが毎年確認されています。
a0315942_21572581.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-27 21:58 | 生物
1978年、豊平川に再びサケを戻そうと「カムバックサーモン運動」が起こり、1979年春には、30年ぶりに豊平川へのサケ稚魚の放流が再開されました.その稚魚たちは、1981年秋以降、親ザケとして豊平川に帰って来ました.サケの姿を見た市民からは 「サケのふ化・放流を続けるための市民のふ化場を」また「サケについて学習するための施設を」といった声が高まりました。その市民の声を受けて、1984年10月に札幌市豊平川さけ科学館が開館しました.現在では、ふ化放流事業以外にも、サケの仲間や豊平川の淡水魚などが生態展示されて無料で公開されています。  (豊平川サケ科学館HPより抜粋)
シロザケの稚魚 0歳 サケ科の稚魚の識別は非常に似ているため困難です
a0315942_22270662.jpg
カラフトマスの稚魚 0歳 オホーツクサーモン、ピンクサーモンとの別称もあります。
a0315942_22300253.jpg
サクラマスの稚魚 0歳 春、桜の咲く頃に河川を溯上することからこの名が付いた。河川残留型はほとんどオスでヤマメあるいはヤマベと呼ばれる。
a0315942_22372924.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-26 22:39 | 生物
めっきり寒くなって来ましたね、日課の散歩も昨日からダウンウェア、カメラを持つ手には手袋と完全冬支度です。公園内の木々はすっかり葉が落ちて、寂しさが漂っていますが、反面、野鳥を撮影しやすくなってきました。野鳥を本格的に撮影しようとすると大口径のレンズと大型三脚が必要ですが、とても手が出ませんね~これからの季節アカゲラなど「カッコウ」の被写体です。、、、、、、ム?

a0315942_21442532.jpg

a0315942_21443870.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村  

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-25 23:00 | 生物
かって蒸気機関車が旅客や貨物物流輸送の花形だった時代があつた。機関区と呼ばれる蒸気機関車の基地が北海道各地に不夜城のごとく点在していた。以前にも書いたと思うが私はSLマニアでも撮り鉄でもない、幼い時代を機関区のそばで過ごして、古いものが好きなだけのオヤジに過ぎない。だから世間に雲霞の如くいるであろうSLマニアほどの専門知識も憧憬も持ってはいない、だが、蒸気機関車が喘ぎながら牽引していた「輝かしい時代」そのものを共有できた事を誇りに思うし、そしてその消えていく時代を切り取って残せれば幸甚なことだと思う。今日のタイトルにある 「甲組」とは国鉄(日本国有鉄道 現JR) の簡略に言えばエリートのことであり、SL甲組といえば国鉄職員なら誰でも憧れと羨望を持ったであろう蒸気機関車の機関手、正式名称は「動力車操縦者」の事で、運転に必要な免許証が「甲種蒸気機関車運転免許」であつた事から「甲組」と称した。画像は旧追分機関区に保存されているD51である、夕張から石炭を満載して誇らしく走ったであろうその雄姿は今も健在である。退職した老国鉄マンが愛しげに整備する姿が印象的、、「夕張線がこなせれば、何処へいっても大丈夫だ!」老国鉄マンが誇らしく言った言葉は矜持でもある。  参考「SL甲組の肖像」(椎橋俊之著)
a0315942_22115565.jpg
a0315942_22121571.jpg
a0315942_22123097.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

デジタル一眼 ブログランキングへ ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-24 22:19
最近、夜景の写真が多いですね、新しい三脚を購入したせいかも知れません(笑) 月や星の写真もと欲張っているのですが、なかなかチャンスが訪れないこの頃です。ホワイトイルミネーションが始りましたが雪が降ってから行きたいと思っています。今夜の画像は、旭山記念公園から市内を撮ってみました。もう寒くなって写真を撮っている人はいないだろうとの思惑は外れ、私のほか三脚をセットされた方が2人ほどおりました。旭山記念公園は、1970年に札幌市創建100周年を記念して造成された公園で用地のほとんどを経営破綻した「北海道拓殖銀行」から寄贈を受け作られた、市内を一望出来る素晴らしい公園です。
a0315942_21255141.jpg
a0315942_21254468.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村 
 
デジタル一眼 ブログランキング ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-23 21:30 | 札幌

黄昏 Sapporo   2013/11/22

11月も半ばを過ぎて大通り公園の木々がやけに寂しそうに見える。落ち葉はカサカサと埃っぽい風に舞い、街を行く人の襟を立てたコートまで貫いて寒さが沁みる、、クリスマスの音楽も電飾もまだのようだし、さっぽろホワイトイルミネーションも準備中だ、もしかしたら一年中で最も寂しい季節なのかもしれない。石川啄木が札幌を訪れた印象を語っている「アカシヤの並木を騒がせ、ポプラの葉を裏返して吹く風の冷たさ 札幌は秋風の国なり」漂泊の詩人、啄木が明治40年に感じた冷たい風が時空を超えて黄昏 のSapporoに吹く、、
a0315942_22142508.jpg
a0315942_22141903.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

デジタル一眼 ブログランキングへ ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-23 09:08 | 札幌
先夜、ニトリホールでコンサートを楽しんだ夜、大通り公園の13丁目の札幌資料館(札幌控訴院)がライトアップされていましたので撮影してきました。ここのところ夜景の撮影が続きましたが、なかなか慣れませんネ~ 札幌控訴院は札幌市のHPによると、竣工が大正15年、石山軟石を使った重厚な建物で、全国に8箇所建設された控訴院のひとつで現存するのは札幌市と名古屋市の2箇所だということです。私もこれまで数回訪れ内部も拝見撮影していますが、ライトアップされた時に訪れるのは初めてでした。画像にシルエットで写っているのは、札幌ゆかりの彫刻家「佐藤忠良」作の「若い女の像」です。
a0315942_22312984.jpg
控訴院を背にして東方向に向けて撮りました
a0315942_22312039.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

デジタル一眼 ブログランキングへ ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真記事などがありましたらバナーのクリックを宜しくお願いいたします。

[PR]
# by flycoachman | 2013-11-21 23:04 | 風景写真

by coachman