2018年 02月 02日 ( 1 )

帯広中心部より南方面、札内川近くに「川西神社」がありました。由緒からです「当地に入植した村瀬栄松は敬神の念特に厚く明治四十一年九月崇敬者と協議し、本殿・拝殿・幣殿を建て、大正五年札幌神社より御分霊を拝受鎮斎奉り、大正六年八月十七日三柱神社として創立出願し大正七年九月三日附を以て内務大臣より許可された。次いで昭和九年八月二十八日附を以て社格村社に列せられ、同年八月三十日神饌幣帛料供進神社に指定された。昭和十年一月十七日社名変更の申請をなし昭和十年二月四日付で川西神社と変更することが許可された」

狛犬は一対、昭和五年九月、個人名での奉納でした。阿吽(あうん)は定位置、材は溶結凝灰岩ですが、軟石が十勝地方で採石されたかは不明です。川西神社近くに「堀内牧場」があります、此処のサイロが昭和十一年に札幌軟石で建設されているのですね~先日も記しましたが明治四十年には鉄道が帯広まで延伸されていますので札幌軟石が遠く帯広やその近郊に運ばれてくるのは容易だったのではと考えます。狛犬は黙したままで出生の秘密を語っては語くれませんが(笑)不勉強を咎められているような気がして、、
a0315942_22034648.jpg
a0315942_22034911.jpg
a0315942_22035307.jpg
a0315942_22035667.jpg
a0315942_22040009.jpg
参考資料)
「狛犬辞典」上杉千郷/著 「狛犬コレクション」三遊亭円丈/著
「狛犬かがみ」たくき よしみつ/著 「札幌の寺社」札幌市教育委員会
「獅子狛犬と龍」獅子狛犬研究会「神社と神道のQ&A」三橋健/著
「神社辞典」白井永二 土岐昌訓/著「神社と神様がよく解る本」島崎晋/著
「北海道の狛犬」丸浦 正弘/著「北前船寄港地と交易の物語」加藤貞仁著
「狛犬遍路みち」宇野 弘介/著 「獅子と狛犬」MIHO MUSEUM/編
「狛犬見聞録」廣江正幸・永井泰/著  「石匠山崎鶴吉と系譜」岩城之正/著 
(出版社名略)
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-02-02 22:05 | 狛犬