2018年 02月 09日 ( 1 )

芽室町の「上美生神社」です。この神社も私のデータベースにはなく、北海道神社庁データベースにも記載がない神社でしたが、最近のカーナビとは至便極まるもので表示設定で神社を登録しておけば、走行中に鳥居のアイコンが表示される!これをITの進化とし迎合すべきなのか、かって評論家の大宅壮一は「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、テレビばかり見ていると人間の想像力や思考力を低下させてしまう」「一億総白痴化」となりうる。などと古い話を思い出し、いささかの葛藤も感じる。

閑話休題 「上美生神社」には二対の素晴らしい狛犬が居ました。鳥居を過ぎ最初に迎えてくれたのが「出雲構え型」の狛犬で、本来、出雲(島根県)地方の来待石で作られたものが、北前船の昔から蝦夷地にも奉納されています。ここの「出雲構え型」は道産子の狛犬ですね、しかも本場の「構え型」と比較してもなんら遜色もない素晴らしい狛犬でした。阿吽(あうん)は定位置、材は溶結凝灰岩、奉納年は二対とも昭和二十七年七月建之 明日も「上美生神社」続きます。
a0315942_22293387.jpg
a0315942_22295808.jpg
a0315942_22300210.jpg
a0315942_22301019.jpg
a0315942_22301423.jpg
a0315942_22301911.jpg
参考資料)
「狛犬辞典」上杉千郷/著 「狛犬コレクション」三遊亭円丈/著
「狛犬かがみ」たくき よしみつ/著 「札幌の寺社」札幌市教育委員会
「獅子狛犬と龍」獅子狛犬研究会「神社と神道のQ&A」三橋健/著
「神社辞典」白井永二 土岐昌訓/著「神社と神様がよく解る本」島崎晋/著
「北海道の狛犬」丸浦 正弘/著「北前船寄港地と交易の物語」加藤貞仁著
「狛犬遍路みち」宇野 弘介/著 「獅子と狛犬」MIHO MUSEUM/編
「狛犬見聞録」廣江正幸・永井泰/著  「石匠山崎鶴吉と系譜」岩城之正/著 
(出版社名略)
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-02-09 22:31 | 狛犬