2018年 03月 01日 ( 1 )

斜里神社 狛犬(斜里町)

斜里町の「斜里神社」です。随分と以前に仕事の関係で数か月滞在したことがあり、流氷の接岸に魅せられたり、斜里川で釣りをしたり、斜里町立知床博物館には何度も訪れた思い出多い懐かしい町です。神社由緒からです

「シャリ場所請負人、村山伝兵衛が寛政八年八月二十一日、現在地に御社殿を奉斎したことを以て、斜里神社の御創祀とする。天保五年、又十藤野配下の三上伴七、住吉丸清六より石灯篭が奉納されるなど、大漁・海上安全の守護神として永く尊崇をあつめるなか、斜里開拓の進展とともに地域一円の守護社とされてきた。昭和二年十一月十二日、村社に列せられる。昭和十一年、社殿を海向きより町向きにして御遷座。昭和二十一年宗教法人となる」

狛犬は一対拝殿の前に居ました。阿吽(あうん)は定位置で奉納は昭和十二年十一月三日 丑年会建之とある処から、おそらくは明治二十年に生を受け昭和十二年の六十歳の丑年に還暦祝いでの奉納でしょうか、、意匠が昨日の「赤上神社」よく似ていますね、材は違いますが、同じ石工さんか、同じ石材店にて狛犬を彫る技術の伝承を受けた石工さんの手によるものでしょうか、、
a0315942_21435074.jpg
a0315942_21435451.jpg
a0315942_21435825.jpg
a0315942_21440193.jpg
a0315942_21440476.jpg
ブログ作成の励みになります 気に入っていただけた 画像や文章などがありましたら 
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けると幸甚の至りであります

         にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ       にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ       ブログランキング・にほんブログ村へ
         にほんブログ村     にほんブログ村    にほんブログ村

「狛犬辞典」上杉千郷/著 「狛犬コレクション」三遊亭円丈/著
「狛犬かがみ」たくき よしみつ/著 「札幌の寺社」札幌市教育委員会
「獅子狛犬と龍」獅子狛犬研究会「神社と神道のQ&A」三橋健/著
「神社辞典」白井永二 土岐昌訓/著「神社と神様がよく解る本」島崎晋/著
「北海道の狛犬」丸浦 正弘/著「北前船寄港地と交易の物語」加藤貞仁著
「狛犬遍路みち」宇野 弘介/著 「獅子と狛犬」MIHO MUSEUM/編
「狛犬見聞録」廣江正幸・永井泰/著
「蝦夷地 場所請負人」ロバート・G・フラーシェム 
            ヨシコ・N・フラーシェム 
(出版社名略)

[PR]
by flycoachman | 2018-03-01 21:45 | 狛犬