2018年 03月 05日 ( 1 )

湧別神社 狛犬 (湧別町)

湧別町のほぼ中心部に「湧別神社」がありました。各地の狛犬を訪ねるに当たって「北海道の狛犬」丸浦 正弘/著 を参考にさせてもらっています。私にとってはバイブル同様のありがたい本でもあります。同書の「湧別神社」の項からの引用で

「顔の中央部の、鼻であろう造りの真横にくっついているゴルフボールのような丸い目玉と、阿形の開いた口とはそれをそれを素直に認められるものの、それ以外は不可解、、とりわけ縄文系のシュールレアリスムとキュービスムの入り混じった競演だか嬌艶のような吽形の相貌はまことにお見事。見ていて飽きることなく、これほど楽しい狛犬は道内でも二対、三対、、、そうはいない。」

この文章にひどく感銘をうけ狛犬巡りを始めた次第で、この度、湧別神社の狛犬に出会い思わず頬刷りしたくなりました(笑)狛犬は一対、阿吽(あうん)は定位置で材は不明です。奉納が大正十四年二月、奉納理由が面白い 「四十二(男性本厄)三十三(女性本厄)除厄祭記念」とあり、入植後冷害や水害大変なご苦労を克服し狛犬を奉納できるほどに、わずかではあるが豊かさも希望も見えた来た。狛犬の表情は神獣としての威厳ではなく、今日は目出度い除厄記念祭だ、みんな元気で目出度い!目出度い!おいらにも一杯呑ませてくれ!酔った狛犬の声が聞こえてきそうだ!
a0315942_21004687.jpg
a0315942_21005265.jpg
a0315942_21021775.jpg
a0315942_21010928.jpg
a0315942_21011632.jpg
a0315942_21012018.jpg
a0315942_21012465.jpg
a0315942_21012876.jpg
a0315942_21013249.jpg
a0315942_21013559.jpg
ブログ作成の励みになります 気に入っていただけた 画像や文章などがありましたら 
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けると幸甚の至りであります

         にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ       にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ       ブログランキング・にほんブログ村へ
         にほんブログ村     にほんブログ村    にほんブログ村

「狛犬辞典」上杉千郷/著 「狛犬コレクション」三遊亭円丈/著
「狛犬かがみ」たくき よしみつ/著 「札幌の寺社」札幌市教育委員会
「獅子狛犬と龍」獅子狛犬研究会「神社と神道のQ&A」三橋健/著
「神社辞典」白井永二 土岐昌訓/著「神社と神様がよく解る本」島崎晋/著
「北海道の狛犬」丸浦 正弘/著「北前船寄港地と交易の物語」加藤貞仁著
「狛犬遍路みち」宇野 弘介/著 「獅子と狛犬」MIHO MUSEUM/編
「狛犬見聞録」廣江正幸・永井泰/著
「蝦夷地 場所請負人」ロバート・G・フラーシェム 
            ヨシコ・N・フラーシェム 
(出版社名略)

[PR]
by flycoachman | 2018-03-05 21:03 | 狛犬