2018年 03月 16日 ( 1 )

昨日の西興部神社から国道239号線(天北国道)を下川方面へと走行中に偶然に見つけた「上興部神社」です。神社庁のデーターベースには記載が無い神社でしたので、予備知識ない中で狛犬に出会えるには嬉しいものがありますね~狛犬は一対、阿吽(あうん)は定位置、材は溶結凝灰岩した。奉納は「昭和拾壹年九月建之」とあり数名の奉納者が刻されていました。石工名はありませんが、台座には「設計施工 旭川市 鈴木営業所石材部」と刻されてあり、察するに当時の旭川に有った商社が受注し施工したものではと思います。

意匠が面白いですね~阿吽とも、押し潰したような扁平な顔、阿形(あぎょう)は玉を含み笑い顔にも見える、吽形(うんぎょう)はカメラを意識?したのか、すまし顔にも見える。体躯の立派さ、尾の大きさが特徴的ですね~石工さんの数だけ個性的な狛犬がいる、だから狛犬に魅了されてしまう~今日で狛犬の在庫(笑)が切れましたので、狛犬は暫時休止いたします。もう少し暖かくなってから今回行く事が出来なかった神社狛犬を訪ねたいと思っています。
a0315942_22210973.jpg
a0315942_22211414.jpg
a0315942_22212379.jpg
a0315942_22213190.jpg
a0315942_22213521.jpg
a0315942_22213922.jpg
a0315942_22214434.jpg
a0315942_22214945.jpg
ブログ作成の励みになります 気に入っていただけた 画像や文章などがありましたら 
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けると幸甚の至りであります

         にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ       にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ       ブログランキング・にほんブログ村へ
         にほんブログ村     にほんブログ村    にほんブログ村

「狛犬辞典」上杉千郷/著 「狛犬コレクション」三遊亭円丈/著
「狛犬かがみ」たくき よしみつ/著 「札幌の寺社」札幌市教育委員会
「獅子狛犬と龍」獅子狛犬研究会「神社と神道のQ&A」三橋健/著
「神社辞典」白井永二 土岐昌訓/著「神社と神様がよく解る本」島崎晋/著
「北海道の狛犬」丸浦 正弘/著「北前船寄港地と交易の物語」加藤貞仁著
「狛犬遍路みち」宇野 弘介/著 「獅子と狛犬」MIHO MUSEUM/編
「狛犬見聞録」廣江正幸・永井泰/著
「蝦夷地 場所請負人」ロバート・G・フラーシェム 
            ヨシコ・N・フラーシェム 
(出版社名略)

[PR]
by flycoachman | 2018-03-16 22:23 | 狛犬