カテゴリ:未分類( 30 )

小清水町は人口5000人ほどの小さな町で、畑作、酪農が盛んな町です。歴史は古く町史に依れば「寛政」(徳川十一代・家斉) の頃には場所請負人が入り込んでいたそうです。鎮守の森に囲まれた「小清水神社」です、お隣が小清水幼稚園で環境には恵まれていますね~由緒からです

「明治初期櫻ケ杜の聖地を神地と卜し、天照皇大神宮と謹書し木碑を建てた。明治三十五年九月社殿(一坪五合)を造営し、明治四十二年八月伊勢の神宮より天照皇大神の御神霊を請けて奉斎した。当時、小清水神社は只単に大神宮さんと唱えられ、その鎮座地より止別神社とも何時しか称えられたこともあり、その後、年と共に移住者が増加し、大正八年四月一日斜里村より分村した。氏子の敬神崇祖の念誠に篤く、大正十一年社殿(二十坪七合五勺)を造営し、更に大正十四年社殿三十五坪五合を増改築し、福島県の相馬中村神社より天御中主神の御神霊を請けて合祀し、小清水神社と称する。

大正十四年十二月一日神社創立申請をし、昭和二年四月二日内務大臣より公認神社として創立許可になる。昭和十七年九月社殿を改修し、昭和十七年九月九日村社に列せられ、同年九月十六日神饌幣帛供進神社に指定される。昭和二十年十二月二十八日社格を廃し、昭和二十一年七月十日宗教法人の規定により、神社本庁所属神社として承認。昭和二十八年二月二十四日宗教法人の認証を受ける。昭和四十一年八月社殿(四十五坪)を造営し、同年八月二十七日遷座祭斎行現在に至る。神社境内は大自然に囲まれ、小清水神社の鎮座由緒は、小清水の開拓の歴史とともに尊ばれている。」

狛犬は二対、新しい岡崎現代型は拝殿前に対座し、少し離れて昭和四十二年七月奉納の狛犬、阿吽(あうん)は定位置、材は不明、大きな貌の愛嬌のある狛犬は、この地方に伝わる大貌狛犬DNAを継承していると思えば猶のこと愛しく思えてきます。

a0315942_21002677.jpg


a0315942_21003685.jpg


a0315942_21003926.jpg


a0315942_21004329.jpg


a0315942_21004797.jpg


a0315942_21005005.jpg


a0315942_21005475.jpg


a0315942_21005836.jpg


ブログ作成の励みになります 気に入っていただけた 画像や文章などがありましたら 
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けると幸甚の至りであります

         にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ       にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ       ブログランキング・にほんブログ村へ
         にほんブログ村     にほんブログ村    にほんブログ村

「狛犬辞典」上杉千郷/著 「狛犬コレクション」三遊亭円丈/著
「狛犬かがみ」たくき よしみつ/著 「札幌の寺社」札幌市教育委員会
「獅子狛犬と龍」獅子狛犬研究会「神社と神道のQ&A」三橋健/著
「神社辞典」白井永二 土岐昌訓/著「神社と神様がよく解る本」島崎晋/著
「北海道の狛犬」丸浦 正弘/著「北前船寄港地と交易の物語」加藤貞仁著
「狛犬遍路みち」宇野 弘介/著 「獅子と狛犬」MIHO MUSEUM/編
「狛犬見聞録」廣江正幸・永井泰/著
「蝦夷地 場所請負人」ロバート・G・フラーシェム 
            ヨシコ・N・フラーシェム 
(出版社名略)

[PR]
by flycoachman | 2018-12-10 21:03

利尻富士

サロベツ原野の湿原センターで湿原の生態系やなりたちなどを学んだ後、利尻富士に見守れながら日本海を北上、今夜は最北の街でホテル泊!
a0315942_18561983.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-04 19:00

タチアオイの季節

昭和の三十年前半、子供たちの夏のいでたちと云えば、ランニングシャツに半ズボン、履物は下駄かゴムの短靴、腕白でヤンチャ盛りの子供たちは、下駄の鼻緒がよく切れ、ゴム短はよく破れましたね~盛夏によく目にしたタチアオイの花は「コケコッコの花」と呼ばれ、特に赤い花を見つければ、花弁の根元を開きおでこに貼り付けて遊んでいました「タチアオイ」を見れば、昭和を懐かしく回想します。
a0315942_21572058.jpg
a0315942_21572589.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-08-05 21:58

早来神社 狛犬 (安平町)

「早来神社」です。平成十八年の合併で安平町となりました、人口は五千四百人ほどですが、農業、酪農(牛、馬、豚、鶏)などの産業が盛んですね~自治体の財政も健全なようです。そのせいか「早来神社」も立派な神社で社殿の建築様式は愛知県に多く北海道では珍しい「尾張造り」だそうです。狛犬は二対いました。拝殿前には真新しい岡崎型が一対いました。参拝をすまし左がわを見れば横参道に愛し気な狛犬が待っていてくれました。阿吽(あうん)は定位置、

阿形は牡丹の花を抱えるような意匠、吽形は玉取りで「尾道型」を模した狛犬ではないか、台座には 昭和七年拾月八日建之 とあり奉納者でしょうか「早来消防組」と刻され、さらに石工として「武田〇平(〇は判読できず)」とありました。石材は不明ですが、程よく風化してなんとも味わいがありますね~阿形の牡丹を見れば以前に何処かで、、帰宅後自宅のデーベースをチェックすれば室蘭の「母恋神社(リンク参照)」で見た狛犬に酷似している。室蘭から早来まで約百キロ、昭和のはじめに百キロの距離を越えて兄弟のような狛犬が居る~想像や空想は止めどありません、
a0315942_22164689.jpg
a0315942_22170975.jpg
a0315942_22165275.jpg
a0315942_22165666.jpg
a0315942_22170072.jpg
a0315942_22170438.jpg
参考資料)
「狛犬辞典」上杉千郷/著 「狛犬コレクション」三遊亭円丈/著
「狛犬かがみ」たくき よしみつ/著 「札幌の寺社」札幌市教育委員会
「獅子狛犬と龍」獅子狛犬研究会「神社と神道のQ&A」三橋健/著
「神社辞典」白井永二 土岐昌訓/著「神社と神様がよく解る本」島崎晋/著
「北海道の狛犬」丸浦 正弘/著「北前船寄港地と交易の物語」加藤貞仁著
「狛犬遍路みち」宇野 弘介/著 「獅子と狛犬」MIHO MUSEUM/編
「狛犬見聞録」廣江正幸・永井泰/著  「石匠山崎鶴吉と系譜」岩城之正/著 
(出版社名略)
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2017-12-28 22:18

初秋

10月に入りカレンダーも秋色になりましたね~外気温も一気に冷え込んで朝夕はストーブを点ける季節~里山にも秋が訪れて、、
a0315942_23023855.jpg
a0315942_23023384.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2017-10-03 23:03

様似町の渚

様似町には随分以前に釣り(Fly Fishing)に耽溺?していた頃、山奥にある「幌満ダム」に何度か行った事があります。「#6のロッドが満月となり充実した釣行と」古い釣り日記に書いてあるが詳細は思い出せない!ダム湖のインレットから入渓し羆の出現に怯えながらの釣りだったから、思い出せないのはそのせいかも知れない。今回、改めて襟裳国道(336号線)海岸の景色など見れば素晴らしいですね~
a0315942_21574086.jpg
a0315942_21574504.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2017-10-02 21:58

神威岬で夕陽 (積丹)

暑いので夕涼みを兼ねて積丹方面へ行ってきました。主目的は海鮮丼と夕陽の撮影、タイミング良く神威岬の冲を二隻の大型フェリーが夕陽に照らされ交差するシーンを撮ることができました~神威の加護、恩寵があったのか、ありがたい。
a0315942_22050629.jpg
a0315942_22050965.jpg
a0315942_22051327.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-07-08 22:06

札幌まつり、古式ゆかしい神輿行列の後は、市内各區の絢爛さを競う山車が続きます~山車のカラクリ人形よりも車中で艶やかに踊る「お姐さん」衆に目が行くのは私ばかりではないようで、、祭りを一層引き立てて嬉しいですね~
a0315942_22084720.jpg
a0315942_22085577.jpg
a0315942_22085895.jpg
a0315942_22091471.jpg
a0315942_22090267.jpg
a0315942_22092065.jpg
a0315942_22092316.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-06-18 22:11

今日の画像も野幌森林公園からです。エゾエンゴサク 和名を「蝦夷延胡索」森の妖精とも形容される可憐な花ですね~旭川市にある「男山自然公園」のカタクリとエゾエンゴサクの原生花園は北海道でも最大級の群落で、間もなく満開を迎えます。薄いピンクのカタクリと薄い紫のエゾエンゴサクの見事なコラボ!一見の価値ありです。今期のオープンは 4月15日~5月7日 しかも入園料無料で原生の花園を堪能できる~開花情報はこちらです。
a0315942_22312128.jpg
a0315942_22312547.jpg
a0315942_22312985.jpg
a0315942_22313476.jpg
↓ 昨年の男山自然公園(旭川市)

a0315942_22313986.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-04-23 22:34

早春の旭山記念公園 2

風の冷たさとは相反して陽射しの強さが日毎に強まってくる。レンズを向けた桜の蕾も春を待ちかねているようで、、、春よ来い!早く来い! 

春風の中に一筋寒さ哉」  正岡子規
a0315942_22241295.jpg
a0315942_22241557.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みになります、お気に入りの写真、文章がありましたらクリックを!
PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by flycoachman | 2017-03-29 22:25