人気ブログランキング |

高千穂峡(宮崎県)

高千穂峡は、国の名勝・天然記念物であり「真名井の滝」は「日本の滝百選」にも選定されてる名所ですね~観光協会のHPによれば「高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷。この高千穂峡は、昭和9年11月10日、国の名勝・天然記念物に指定されています。

付近には日本の滝百選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋などがあります。さらに神話に由縁のある「おのころ島」や「月形」「鬼八の力石」など、 高千穂峡の遊歩道のみで高千穂の魅力を十分に感じることができるスポットといえます。」柱状節理による神秘的な風景に日本神話が重なり「真名井の滝」の絹の流れは神話の世界に浸たされる、神話に興味のある人もない人も高千穂峡を歩けば精神が浄化されるかも、、

a0315942_21104581.jpg


a0315942_21104928.jpg


a0315942_21105327.jpg


a0315942_21105654.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

by flycoachman | 2019-06-07 21:12 | 旅行

鵜戸神宮(宮崎県)

数年前にもツァーでこの地を訪れましたが、心臓に病を持つ老い二人に「下り宮」の長い参道石段往復、決められた集合時間に間に合うのは、困難と判断し断念した経緯がありました。今回はレンタカーでしたので、本殿近くまで行け、参拝することが出来ました。由緒などを聞けば、宮崎は神話の国である事を再認識いたしました。

以下神社HPからです。
由緒 山幸彦(彦火火出見尊)が、兄(海幸彦)の釣り針を探しに海宮(龍宮)に赴かれ、海神のむすめ豊玉姫命と深い契りを結ばれた。山幸彦が海宮から帰られた後、身重になられていた豊玉姫命は「天孫の御子を海原で生むことは出来ない」とこの鵜戸の地に参られた。霊窟に急いで産殿を造られていたが、鵜の羽で屋根を葺終わらないうちに御子(御祭神)はご誕生になった。故に、御名を「ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと」と申し上げる。」

本殿に至る参道に、自由律の俳人「種田山頭火」の歌碑がありました。以下は歌碑に添えられた説明板からです。漂泊の俳人「山頭火」は、昭和五年十月二日、鵜戸神宮に参詣。御神鳥の「鵜」をとりあげ、次の句を残しました。鵜戸の大自然と「鵜の鳥」が、今の世に何か警鐘をならしていると考えたのでしょうか。

鵜しきりに啼いて何を知らせる」種田山頭火

a0315942_21351456.jpg

a0315942_21351831.jpg


a0315942_21352186.jpg

a0315942_21352751.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

by flycoachman | 2019-06-06 21:36 | 旅行

仙厳園(鹿児島県)

仙厳園とは万治元年(1658年)島津家十九代「島津光久」によって築かれた島津家別邸です。錦江湾に浮かぶ桜島を臨み、雄大な景色を借景とし、島津家の迎賓館としても使われていたそうです。2015年に世界文化遺産の構成資産に登録

我が胸の 燃ゆる思ひにくらぶれば 煙はうすし 桜島山」平野国臣

a0315942_20484889.jpg


a0315942_20485233.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

by flycoachman | 2019-06-05 20:49 | 旅行

軍艦島(端島)3

軍艦島の名は日本海軍の戦艦「土佐」に似ているからとされています。良質な石炭が採掘できる処から明治23年、端島炭鉱の所有者 鍋島孫六郎(旧鍋島藩深堀領主)から三菱へ、10万円で譲渡されたそうです。良質な石炭は海軍の戦艦用に高価で納入できる、、「政商」の所以ですね~現在、韓国で徴用工問題が裁判となり日本企業に賠償を命じる判決がでました。端島炭鉱も朝鮮人、中国人の採炭夫が多く働いていたそうです。現在、世界文化遺産となり廃墟だけが注目されていますが「負の遺産」も忘れてはいけない事実ですね~

以下Wikipediaからの抜粋です。
大正5年以降から少年及び婦人の坑内使役が開始され、大正中期からは内地人の不足を補充するために朝鮮人労働者の使役が開始される。昭和14年からは朝鮮人労働者の集団移入が本格化し、最重労働の採鉱夫のほとんどが朝鮮人に置き換えられたほか、昭和18年から中国人捕虜の強制労働が開始された。朝鮮人労働者は納屋、中国人捕虜は端島の南端の囲いの中にそれぞれ収容されたという。戦後、高島・端島・崎戸の3鉱の中国人労働者やその遺族らが国・長崎県・三菱マテリアル・三菱重工を相手に損害賠償を求めて起こした訴訟では、長崎地裁が2007年3月27日に、賠償請求自体は請求権の期限(20年)が経過しているとして棄却したものの、強制連行・強制労働の不法行為の事実については認定した。

現在、韓国では軍艦島の案内情報に朝鮮人強制徴用に関する記述がないことを理由に「世界遺産撤回」を求める運動が展開されています。「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります」ドイツ連邦共和国第6代大統領ヴァイツゼッカー氏の名演説を思い出しました。

a0315942_22062970.jpg


a0315942_22063359.jpg


a0315942_22063606.jpg


a0315942_22064003.jpg


a0315942_22064474.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

by flycoachman | 2019-06-04 22:10 | 旅行

長崎ブラブラ

昭和35年に国の重要文化財に指定された長崎市の眼鏡橋です。川面までの高さは5.46 mで2つの半円を描くアーチ形式の石橋、水面に映しだされた姿が眼鏡のように見えるところからこの名があるとの事でした。寛永11年(1634年)中国から来日して興福寺の2代目住職となった「黙子如定」によって架けられた。

黙子は中島川の氾濫のたびに橋が流失されるのを見かねて、中国から石工を呼び寄せて眼鏡橋を建造させたといわれている。(参考・Wikipedia) 三度目の長崎でしたが「眼鏡橋」を子細に見たのははじめてでした。385年も前の二連アーチ橋が現在も普通に橋として機能している、恐るべし「中国の石工さん」

a0315942_21380830.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

by flycoachman | 2019-05-31 21:39 | 旅行

本土南端で朝陽を浴びる

指宿温泉からスマホで撮った朝陽です
a0315942_23071686.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
by flycoachman | 2019-05-30 23:02 | 旅行

雲仙普賢岳

江戸の昔から「島原大変肥後迷惑」と云われ、平成にも犠牲者を出した雲仙普賢岳です。島原港から熊本へのフェリーからスマホで撮りました。
a0315942_21484616.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
by flycoachman | 2019-05-29 21:42 | 旅行

軍艦島

旅行中に付き今日もスマホでの撮影で、長崎の軍艦島です。
a0315942_20455745.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ
にほんブログ村
by flycoachman | 2019-05-28 20:41 | 旅行

オシンコシンの滝

今日は宇登呂の宿からの更新です。女房の希望を叶えるべく宇登呂の港から観光船「オーロラ号」で世界遺産 知床半島を堪能してきました。毎年釣りに訪れていたのは世界遺産になる前の事で

「世界遺産」に認定以降の宇登呂の変貌は驚くばかりでした~今日の画像は「オシンコシンの滝」水量が多く迫力がありました(NDフィルター使用)
a0315942_19544384.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

by flycoachman | 2018-06-18 19:55 | 旅行

阿寒の森

先日から、道東、オホーツク方面を旅しています。例によって「狛犬」を訪ねる旅で、神社の参道石段を息を切らしながら上れば、ご利益があるかしらんと思いつつ柏手を打てば「ブログ村」のランキングが思いのほか上がっている、ありがたい、ありがたい。今日の画像は阿寒湖近くの森の中、太古の森を見渡せば精霊を感じ、苔むした風倒木にはコロポックルが隠れている、、そんな阿寒の森でした。
a0315942_21073666.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

by flycoachman | 2018-06-17 21:10 | 旅行