<   2018年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

世界遺産知床半島 2

昨日の続きで知床半島です。昭和の50年代に入ると、離農地付近の国有原生林を当時の北見営林局が一万本もの樹木を伐採する計画を発表しました。同原生林は希少野生動物のシマフクロウなどが多く生息する野生の森でした。この計画に危機感をもった当時の「藤谷豊」(1913年~1994年)町長は、知床の自然を後世に残す為に「ナショナル・トラスト運動」を提唱し、1977年「知床100平方メートル運動」を始めます、

「知床で夢を買いませんか」一口8000円として全国から寄付を募り、自然保護に関心を持つ全国の人々から賛同を得られ、また運動を支援する報道にも後押しされて各地から寄附金が寄せられました。一般に市民運動と云えば多少なりとも政治色が付き物ですが、「ナショナル・トラスト運動」は純粋に開発から自然を取り戻そう、自然を守り残し未来に伝えていこうとの趣旨で、全国に広がり日本各地で自然を取り戻そうとの声が上がっています~(明日も続きます)
a0315942_20574165.jpg
a0315942_20574552.jpg
a0315942_20574837.jpg
a0315942_20575276.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-30 20:58 | 風景写真

世界遺産知床半島 1

先住民族が「シリ・エトク(地の果て)」と呼んだ知床半島の岩尾別地区に開拓民七戸が入植したのは大正三年の事だそうです。同地区は転石が多く水利も悪く農耕には大変なご苦労があつたそうで、後に畜産業なども試みられるようになりましたが、地理的条件が悪いせいでしょうか、離農が相次いだそうです。

昭和の半ば入ると、原生的な自然の価値が見直され全国で22番目の国立公園に指定されました。この頃から日本中で土地投機がブームとなり、岩尾別地区の開拓地跡にも不動産業者、観光業者等による乱開発の危機が訪れました。(明日に続きます)今日の画像は、宇登呂の観光船「おーろら」船上からから次々と現れる絶景、奇岩、滝などを航路順に撮ったものです。
a0315942_22151300.jpg
a0315942_22151878.jpg
a0315942_22152165.jpg
a0315942_22152551.jpg

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ



[PR]
by flycoachman | 2018-06-29 22:16 | 風景写真

懐かしの宇登呂 2

宇登呂の幌別川河口付近は、毎夏から秋にかけカラフトマスや鮭釣りで賑わいます。以前はお盆休みと有給休暇を合わせ一週間近く滞在したこともあって真夏の懐かしい思い出です。河口付近の喧騒を避け私たちFly Fisherは、奥の(岬の方)釣り人の少ない岩場で楽しんでいました。

釣れた魚のほとんどはリリースでしたから何匹もの重たい釣果を(物欲)運ぶ必要もなく、素晴らしいロケーションのなかで気の合う仲間と純粋にフライキャスティングを楽しんでいました。そんな、若き日の思い出の地を船上から撮ってみました。ファインダーを覗くと海岸には多くの友や自分がいるような気がして~

↓画像中央付近には「幌別川」カラフトマスの時期には夜明け前から
ウキルァーの釣り人が場所取りで川の両側に隙間なく、
並ぶ様はあたかも殺気だった魚市場の「競り」の如くで、、
a0315942_21104885.jpg
↓河口から少し離れれば「羅臼岳」に見守られ、
岩の上に腰かけゆったりと釣りをしていた
家族連れの姿も多くありましたね~
a0315942_21112108.jpg
↓この辺りはルアーロッドを無心にキャスティング
していた若い人たちが多いようでした
a0315942_21112545.jpg
↓さらに奥に行くには大きな岩に
登ったり、降りたりで
真夏の知床で玉の汗をかいても余りある
体力が必要でした
a0315942_21112846.jpg
↓徒歩ではこれ以上進めない場所、ここぞFly Fishingの聖地?Fly Fisherの
「約束の地」であると勝手に命名していました。
ダブルハンドのロッドでも十分にバックキャストがとれ
周囲を気にすることなくキャステングができる、
船上から見る「約束の地」は感涙するほど想い出があふれ出て、
a0315942_21113211.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-28 21:19 | 風景写真

懐かしの宇登呂 1

毎年の恒例行事?カラフトマスに遊んでもらうために札幌から宇登呂まで400キロ以上の距離を8時間ほどかけて訪れていた懐かしい海です。斜里を過ぎ、オシンコシンの滝を過ぎ、「亀岩」が見えると無事に着けた事に安堵したものでした。今日の画像は亀岩と観光船オーロラ号です。
a0315942_21081602.jpg
a0315942_21082458.jpg
a0315942_21082783.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-27 21:09 | 風景写真

今日の画像は清里町の「神の子池」です。摩周湖の伏流水が池の底から湧く様子を見れば何とも神秘的で、鬱蒼とした樹木の香りの中で清らかな湧水に手を浸せば齢を重ねた分、積り積もっているデトックスが浄化されるような気が、、、
a0315942_22002640.jpg
a0315942_22003452.jpg
a0315942_22004140.jpg
a0315942_22003837.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-26 22:02 | 風景写真

さくらの滝(清里町)

清里町の「さくらの滝」へ行ってきました。以前にFly Fishingに耽溺していた頃、清里町の斜里川は大型の「イトウ」が生息する川として知られていましたね~スポーツフイッシングを旨とする倶楽部でしたから、毛ばりを巻き、キャッチ&リリースをもって釣りを完了させる、そんな釣りを楽しんでいました。「さくらの滝」の「さくら」とはサクラマスの事で、河川での釣りは「鮭」同様、禁止されている魚種ですから撮る(盗る)のは写真に限ります。しかし、釣り同様、サクラマスを撮るのは難しいですね~
a0315942_21092871.jpg
a0315942_21093290.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-25 21:10 | 生物

阿寒湖のFly・Fisher

6月の中旬、阿寒湖ではモンカゲロウのスーパーハッチ(一斉羽化)が起こる事はFly・Fisher には良く知られた話です。大型で黄金色の雨鱒を細いリーダーでヒットさせた後のやり取りを想像しながらモンカゲロウのフライを巻く、至福の時はタィイングディスクから始まっている訳で、、有給休暇と云えば、この季節の為に100%消化していた「チョイ悪、親父?」の時代を懐かしく回想していました。遊覧船上からディープウェーデングしている Fly・Fisherを見れば、随分前の自分とオーバーラップして、、

もし釣りが仕事の妨げになるのなら、仕事の方をあきらめなさい」釣りの諺

a0315942_21312420.jpg
a0315942_21313101.jpg
a0315942_21314330.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-24 21:32 | 風景写真

阿寒湖で遊覧船

以前は6月の中旬になると「黄金の雨鱒」と遊ぶのを楽しみに毎年通った阿寒湖です。泊まったホテルの真ん前が遊覧船乗り場、ならば船上からの阿寒湖も楽しまなければ(笑)チュウルイ島のマリモ展示観察センターに上陸、マリモが丸く育成される過程が面白いですね~今日の画像は船上からの風景です。
a0315942_21274845.jpg
a0315942_21275502.jpg
a0315942_21281355.jpg
a0315942_21281620.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-23 21:29 | 風景写真

オンネトーの夜は曇り空

雌阿寒岳と阿寒富士の稜線から立ち起きる「天の川」を撮ってみたいと思い、夕方までにロケハンを済ませ、機材のセッティングも万全の状態でスタンバイ! 東の空には「デネブ」や「ベガ」が雲の切れ間からチラチラと見え出したと思ったら、全天にぶ厚い雲が~残念! 今日の画像は昼間のオンネトーで、北海道の三大秘湖だそうです。
a0315942_21175943.jpg
a0315942_21180214.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-22 21:18 | 風景写真

オンネトー湯の滝

オンネトーの林道入り口で車を止め、歩くこと1.4km程に天然記念物、日本地質100選「オンネトー湯の滝」があります。地質は雌阿寒岳火山の安山岩溶岩、第4紀更新世、天然のマンガン鉱床が形成中の世界で唯一の場所であるとか (タモリが喜びそうな地質) 鬱蒼とした太古の阿寒の森を歩きながら考えた。夫婦の齢を足して140年近く成らんとする歳月も、自然悠久の営みの中では、刹那ほどの刻に感じてしまう、、(参考 Wikipedia)
a0315942_21292142.jpg
a0315942_21292431.jpg
a0315942_21292730.jpg
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-06-21 21:44 | 風景写真