虹ような、、

先日、国道275号線「母子里」付近を走行中、珍しい気象現象を撮ることができました。幻日環(げんじつかん)とか日暈(ハロ現象)あるいは白虹(はっこう)とか云われるそうです。同じような現象でも気象学的には、様々な名称があるようですね~中国では「司馬遷」の時代から「大乱の予兆」などと伝わっていますが、極寒の地「母子里」に出現した日輪は、全ての人にとって吉兆であってほしいですね、、(参考 Wikipedia)

a0315942_21102061.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-18 21:11 | 風景写真

朱鞠内湖の星空 2

再び朱鞠内湖の星景写真です。写真を撮ること自体はさほど難しくは有りませんが、PCに取り込んでからの処理が難しい、低スペックのPCにメモリーを16GBに増設し、RAWで編集しバッジ処理を実行するも一眠りしても余りある状態だから作業がはかどらない!さらに複数のフリーソフトを駆使し、コンポジットを行うも設定が毎回違うようで同じトーンの画像が作れない、古希に近い使い古しの思考回路にこれ以上の負荷は無理なようだ(笑)

a0315942_21330601.jpg


a0315942_21331043.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-17 21:34 | 天体写真

日本最大の湛水面積を持つ「朱鞠内湖」雨竜川の上流部に昭和18年に完成した人造湖で正式名称は「雨竜第一ダム」です。現在では「イトウ」「サクラマス」「アメマス」結氷期には「ワカサギ」が釣れる湖として知られていますが、ダム建設に伴い過酷で陰惨な強制労働があったことを忘れてはなりません。

捕虜や政治犯、さらに多くの韓国人や中国人、貧民などを僅か前払金と甘言を餌に出稼ぎの名目で集められた労働者は人身売買そのまま「タコ部屋」呼ばれる粗末な小屋で管理され、重労働とわずかな食事での強制労働、脱走すれば「棒頭」と呼ばれた監視人のよる残虐な暴行が日常的に行われいました。

このような「タコ部屋」は北海道各地にみられます。各地のダム建設はもとより鉄道建設、道路トンネル工事、炭鉱、軍事施設(飛行場など) 北海道開拓に伴う忘れてはいけない、伝えなければいけない、負の歴史です。静寂の朱鞠内湖畔で夜空を見上げれば星が瞬くばかりで、、、

a0315942_22031654.jpg


a0315942_22032187.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-16 22:04 | 天体写真

この画像を撮った神威岬も懐かしいですね~小ぎれいな公園で芝生に寝転がり、釣りも忘れて景勝に浸っていました。以下、枝幸町教育委員会の説明板です。

北見神威岬(カムイエトゥ)ピリカノカとはアイヌ語で「美しい・形」を意味し、アイヌ語の物語や伝承、祈りの場、言語に彩られた優秀な景勝地群を総称するものです。枝幸町と浜頓別町の境に位置する神威岬は、江戸時代から交通の難所として知られてきました。また、幕末にこの地を旅した探検家の松浦武四郎は、アイヌ民族が「精霊の宿る地」として岬を厚く敬っていたことを記録しています。岬一帯はアイヌ語で「神」を意味する「カムイ」を冠した地名が点在しており、この岬が古くから神聖な場所として大切にされてきたことが分かります。

この岬は開拓者たちにとっても信仰の対象になっており、「龍神が住まう」との伝承が伝えられてきました。単調な海岸線を突き破るような神威岬の姿は、見る者を圧するような迫力に満ちており、私たちに畏敬の念をいだかせます。神威岬は「北海道の屋根」とも形容される日高山脈がオホーツク海へと沈む最北端とされ、多彩な高山植物が色とりどりの花を咲かせます。春の新緑、初夏の花々、秋の紅葉に冬の流氷と、神威岬の見せる四季折々の表情は私たちを楽しませ、枝幸町を代表する歴史的な景観となっています。  平成二十二年十月  枝幸町教育委員会


a0315942_22000181.jpg


a0315942_22000527.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-15 22:01 | 風景写真

猿払川の記憶

稚内から目梨泊の神社を訪ねるべく数十年ぶりにオホーツク海側の国道238号線を南下しました。浜鬼志別を過ぎたあたりから、懐かしい景色が次々と過ります。幻の魚「イトウ」を追いかけていた懐かしの「猿払川」です。メーターオーバー夢は叶いませんでしたが、数多くのドラマを体験させてくれた想い出の川です。ファインダーを覗けば多くの釣友の姿が浮かんでは消え、、(今日の画像はフイルム写真を含みます)

a0315942_22052849.jpg


a0315942_22053180.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-14 22:06 | 生物

今回のプチ旅行の主な目的は道北地方の神社を巡り「狛犬」を撮る事でした。当日は声問神社を参拝し、次いで宗谷岬に近い宗谷公園内に鎮座している厳島神社に詣でての帰路、偶然に「白い貝殻の道」を見つけました。貝殻を敷きつめた道でSNSなどで人気の場所だとか、、細い道を500mほど登り、振り返れば利尻富士に向かう白い道が見えました。

a0315942_21592083.jpg


a0315942_21592483.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-13 22:00 | 風景写真

稚内公園で想うこと

稚内駅からほど近い急坂を車で登ると市内を一望できる「稚内公園」です。当日は快晴で樺太が随分と近くに見えました。最短距離を調べれば、宗谷岬~樺太の南端である西能登呂岬(旧名)までは約43Kmほどです。園内には樺太を偲ぶ「氷雪の門」や「九人の乙女の像」などがあり碑文を熟読すれば、加齢で緩んだ涙腺から湧き上がるものがあり、改めて不戦を思い、永劫に平和な世を続かんことを願うばかりで、、

a0315942_21324419.jpg


a0315942_21324853.jpg


a0315942_21325204.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-12 21:35 | 風景写真

稚内北防波堤ドーム

稚内ですからお約束の「北防波堤ドーム」です。円柱が70本も並ぶ様は異国情緒を感じさせますね~樺太連絡船に乗り込むための連絡通路で、戦前に作られた構造物です。一旗揚げようとする一般人、兵隊、官使、工夫や農民などの喧騒がいまでもドームの中から聞こえそうです。多い時には40万人にも及ぶ邦人が居住した「南樺太」ロシアの南下以前は先住民族の平和な土地であったはずですね、

日露戦争後、南樺太の割譲を得た日本軍は「八紘一宇」をスローガンにし「大東亜共栄圏」を建設すべく、朝鮮併合、台湾の統治、満州国建国、南洋小国の統治など誤った国策を続け日本国民と隣国に凄惨と辛苦の歴史をもたらす事となります。昨今の政治状況を見れば「八紘一宇」や「教育勅語」を復活させたい政治家や「先の戦争は侵略戦争ではない」との歴史認識をもつ「日本会議」が台頭してきたり、歴史に学ぶ事を忘れてはいけない、、

過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となります」ヴァイツゼッカー


a0315942_21223941.jpg


a0315942_21224988.jpg


a0315942_21225355.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-11 21:24 | 風景写真

天塩町の風景

石狩川に次いでの長さを持つ大河、天塩川の河口に広がる天塩町で風景見つけた風景です。かっては、天塩川流域の雄信内や糠南、問寒別などを幻の「イトウ」を釣りたくて何度も訪れた懐かしの川です。釣り人の目線で見るものは川の濁りや淵や瀬の状況ばかりで、、まさに「木を見て森を見ず」天塩川を熟知しても天塩町の風景はほとんど見ていませんでした。今回、改めてファインダー越しに天塩町をみれば、海抜1721mの利尻富士に見守られ牧歌的でのどかな風景に感激でした。

a0315942_21372523.jpg


a0315942_21372107.jpg


a0315942_21372937.jpg


a0315942_21373454.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-10 21:38 | 風景写真

満天の星と天の川

連日、初山別村の夜空です。満天の星を写したいとの思いからソフトフィルターは使いませんでした。左の画像はほぼ「撮って出し」右は四枚をコンポジットして各種レタッチソフトを駆使?して仕上げました。(ダークフレームは使い方をマスターできませんので使用していません(笑) 

a0315942_21585199.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ          にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Nikon)へ
にほんブログ村           にほんブログ村

ブログ作成の励みになります 気に入って頂けた写真 文章などがお目に留まりましたら 
お好きなバナーのクリックをお願いいたします
PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by flycoachman | 2018-10-09 21:59 | 天体写真